フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性コピーライターの仕事内容

コピーライターの仕事内容

商品の魅力を伝える!「コピーライター」の仕事内容となり方は?

コピーライターの仕事内容

コピーライターの仕事は、商品やサービスのキャッチコピーを考案することです。テレビCMや雑誌で使われるキャッチフレーズを考えたり、商品そのもののネーミングを考えたりします。広告業界には欠かせない存在であるため、活躍の場は広いといえるでしょう。
一般的にキャッチコピーは短いものですが、すぐに決定されるわけではなく、綿密な調査や打ち合わせを経て完成されます。クライアントのオリエンテーションを受け、商品の概要やアピールポイント、目的などを把握し、コンセプトを立案、そのあと市場をリサーチしながらコピーを作るのが一般的な仕事の流れです。また、雑誌やパッケージのライティングや、CMに起用するオーディションの審査員、広告に使用する現場の見学を行うこともあります。
ただ、所属先によって仕事内容は大きく異なります。広告会社に勤めている場合は広告全般に携わりますが、フリーランスの場合はキャッチコピーの創作に特化しているケースが多いようです。

コピーライターの求人特徴

コピーライターの仕事内容

主な勤務先は広告代理店や制作プロダクション、またはメーカーの宣伝部などです。それぞれの求人は一定のニーズが保たれており、見つけるにはさほど苦労しないでしょう。求人情報は各企業サイトや求人ポータルサイトなどに掲載されています。
ただ、全体的に競争率が高く、大手企業になるほどそれは顕著になる傾向があります。四年制大学の卒業を応募条件に挙げている企業も多いため、あらかじめ企業の求人情報を確認しておくことをおすすめします。
また、実力主義の業界であり、各企業が主催するコンペなどに入賞を果たすと、就職の際に大きなアピールポイントになります。コンペなどがきっかけでコピーライターになる人も少なくはなく、作成したキャッチコピーを積極的に発信していくことも大切になるでしょう。

コピーライターに求められる人物像

コピーライターには、好奇心旺盛な人が向いています。キャッチコピーの作成には、小説家のような高い文章力は必要ありません。それよりもトレンドに合ったコピーを発案することが大切です。そのためには流行を追ったり、調査したりと、常に周囲にアンテナを張り巡らせておかなくてはなりません。好奇心の旺盛な人なら、これを難なく自然体でこなせるはずです。
また、体力がある人も望まれます。コピーライターの仕事は小説家の執筆活動などと比べてライトなイメージを持たれる場合もありますが、実際にはたった数文字のコピーを作るために非常に長い時間と労力を要します。
完成までには何百本もの案がお蔵入りすることもあり、同じテーマに向き合って繰り返し考え抜くための肉体的・精神的なタフさは必須条件です。

「コピーライターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧