フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容

デザインを通して情報を伝える「グラフィックデザイナー」の仕事とは?

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事は、雑誌や広告、ポスター、パンフレット、またはファッション、インテリアなどさまざまなデザインを行うことです。この「グラフィック」とは平面における表現のことで、紙と鉛筆を使ったりパソコンを使ったりして印刷紙面で作業を進めます。ただ、近年はパソコンを用いた作業のほうが主流になりつつあります。
具体的な仕事内容としては、自身で作品を発表するほか、基本的には広告代理店や出版社、メーカーなどから依頼を受け、意向に沿ったデザインの企画・制作を担当します。制作過程で、ディレクターやライター、イラストレーターなどとチームを組むケースも多く、デザイン業務以外にも、打ち合わせや写真撮影などの業務が伴うこともあります。

グラフィックデザイナーの求人特徴

グラフィックデザイナーの仕事内容

デザイン事務所や広告制作プロダクション、出版社、広告代理店、印刷会社のデザイン部門などがグラフィックデザイナーの主な勤務先です。いずれも専門スキルが必要とされており、人手不足になりがちな企業もあることから、全体的な求人数は少なくありません。ただ、即戦力を求める企業が多く、3年以上の実務経験者が優遇される傾向にあります。未経験者がグラフィックデザイナーを目指す場合は、アシスタントやインターンからはじめて、経験を積み上げるのが一般的な方法です。
グラフィックデザイナーになるための特別な資格はありませんが、レイアウトや色彩、フォント、イラストソフトなどといった専門技術と知識を身に付けた人材が望まれます。
これらを学ぶには、大学や専門学校へ入学するのが近道ですが、独学で学びながら目指すことも可能です。

グラフィックデザイナーに求められる人物像

グラフィックデザイナーとして活躍するために、美的センスも必要ですが、それ以上に重視されるのが根気強さです。提案した作品が一度で通ることはほとんどなく、作品が認められるまで試行錯誤を重ねることも珍しくありません。社内をはじめとして、外部からもさまざまな情報を仕入れ、作品に活かす粘り強さが求められるでしょう。
また、人の意見を取り入れることができる柔軟性も大切です。デザイナーは、基本的に依頼者の意向に沿った作品を制作することが求められます。
自分がよいと思った案を押し通すのではなく、第三者の意見を素直に取り入れ、よりよい作品に仕上げる必要があります。柔軟性は自分自身の技術を高める要素にもなるため、グラフィックデザイナーの仕事をこなすうえで大切な資質だといえるでしょう。

「グラフィックデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧