フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性バーテンダーの仕事内容

バーテンダーの仕事内容

お客様好みの1杯を作り出す「バーテンダー」のなり方は?

バーテンダーの仕事内容

バーテンダーの仕事は、ホテルのバーや飲食店などで、お客様の要望に合わせたさまざまな種類のカクテルを作ることです。カクテルの種類は数千にもわたるとされており、レシピやお酒、材料などに対する豊富な知識と技術が求められます。
仕事内容としては、レシピに沿ってカクテルを作ることが主です。ベースとなるお酒を選定し、飲料や香料などを手早く混ぜます。混ぜ方もカクテルによって異なり、シェーカーやミキシンググラス、グラスに直接入れるなどの方法があります。お客様からカクテルの種類を指定されることもあれば、お客様の好みや雰囲気に応じてバーテンダーが提案を行うこともあります。
また、全てがレシピ通りというわけではなく、お客様の好みに応じて量を調節したり、オリジナルカクテルを作ったりもします。

バーテンダーの求人特徴

バーテンダーの活躍の場は、ホテルや飲食店などであるため、常に一定の需要が見込めますが、ひとつの店舗で雇用されるバーテンダーの数はそれほど多くはなく、店舗につき1人というケースも少なくありません。飲食店の少ない地方などでは、競争率が高くなることもあるようです。求人情報は、求人ポータルサイトや求人雑誌、店舗のホームページなどで見つかります。
バーテンダーになるには特定の資格は必要なく、ホールスタッフやホテルの従業員として実力を磨くのが一般的です。
また、NBA認定のバーテンダー資格や、バーテンダー技能検定の取得はスキルの証明となり、就職が有利になりやすいです。

バーテンダーに求められる人物像

バーテンダーに求められるのは、何といってもお酒を愛する心です。取り扱うカクテルの種類は非常に多く、またそれぞれに由来や歴史がありますので、お酒について根気よく勉強が出来る方は向いているでしょう。身に付けた知識は、オリジナルカクテルを考案するときの原動力や、お客様の希望に合った1杯を提案する際のヒントにもなり得ます。
また、コミュニケーション力も重要です。お客様と話をすることもバーテンダーの仕事のうちであり、会話を楽しめる人に向いている仕事だといえるでしょう。
年齢や性別、職業など条件が全く異なるお客様が来店するため、相手に合わせた会話ができるコミュニケーションスキルが求められます。

「バーテンダーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧