フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性MRの仕事内容

MRの仕事内容

医療業界の営業職「MR」の仕事とは?

MRの仕事内容

MRとは医薬情報担当者(Medical Representative)の略で、製薬会社や医療機器メーカーの営業職のことです。仕事は主に、医療機関を訪問し、医薬品や医療機器といった自社商品に関連する情報を、医師や薬剤師などの医療従事者や医療機関関係者へ提供します。取引が成立してからは、実際に商品を使用して現場から得られた効果や副作用をヒアリングし、必要な情報を整理して報告書を作成、本部への報告を行います。基本的に自分で予定を立て、スケジュールを管理して行動します。
MRには一般職の営業と同じように、目標とする数値が存在します。時には医療従事者へ新商品導入の交渉を行ったり、導入が決まった医療機関に対して説明会を開催し、利用方法や注意点を話すこともあります。事前に高度な専門知識が必要な場合は、チーム等で会議室や研修施設で勉強会を行う場合もあります。
MRの求人は、医療従事者向けやMR専門の求人サイト、一般の求人誌にも掲載されており、検索することが可能です。

MRの求人特徴

MRの仕事内容

MRの求人は、MR経験者募集のものが多い傾向です。しかし、未経験者を対象とした募集もあります。採用の際にポイントになりやすいのは、「営業経験があるかどうか」です。営業チームでのリーダー経験の有無や、特定の業界での目標数値の達成、社内表彰等、一定の成果をアピールすることができると良いでしょう。
MR認定資格の取得が求められる場合や、全国に事業所がある企業の場合は転勤可能か聞かれる場合もあります。求人情報を事前に確認しておくと良いでしょう。医薬品から医療機器まで各科目に応じて様々な企業や商品が存在しているため、医療資格の取得や、医療機関での就業経歴があれば企業選定を行う上で役立つでしょう。科目を絞らないのであれば、企業の立地や就業条件、報酬、研修環境等で求人を探すことになります。
就業時間は医療機関の開業時間に合わせたものが多く、土日休みが一般的です。報酬は勤務地や営業経験、スキル、訪問先、取り扱う商品、新規開拓の有無により決定されることが多いです。

MRに求められる人物像

MRは全国どこの地域でも車で移動するので、ある程度の運転スキルが必要とされます。これは一度に大量の商品を運ぶだけでなく、医療機器や医薬品の品質を守るためです。また、商品に関する情報を正しく理解するため、医学や薬学の知識を吸収することが求められます。
従って、新商品が発売される度に勉強することができる向学心を持っていることも採用の前提条件となります。さらに、限られた時間で医療従事者へ商品の利点や使用上の注意点に関する説明をわかりやすく行う論理的思考力や、プレゼンスキルも大切な要素です。事業所に戻った後は、現場から得られた情報をまとめ、報告書を作成するため、資料作成等のPCスキルが必要です。
また、商品説明会を開くには訪問先の多忙な医師や管理者に時間を作ってもらえるように、社会人としての最低限のマナーや良好な関係を築くコミュニケーション力があると、なお望ましいでしょう。

「MRの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧