フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性バス運転手の仕事内容

バス運転手の仕事内容

日々の暮らしに欠かせない交通手段「バス運転手」の仕事内容

バス運転手の仕事内容

バス運転手とは、既定の路線でバスを運転して、乗客を送り届ける仕事です。バス運転手の業務は大きく分けて2つあります。1つは市内や町内など、比較的短距離の決まった区間を運転する業務、もう1つは旅行やツアー等、さまざまな目的地に向けて、長距離を運転する業務です。
前者は通勤、通学、外出等の移動といった日常生活の一環として利用されることが多く、後者は旅行や帰省などで利用されることが多くなります。基本的に1人、または2人で行う業務となりますので、自分自身で集中して業務を遂行するといった形が多いようです。また、決まった時間に発着できるように、道が混んで指定の時間に遅れてしまいそうな場合のルール内でのスピード調整や、早めに到着してしまう場合の時間調整等、自分で考えながら工夫をして業務を行う必要があります。
しかし、発着の時間よりも乗客の安全面に考慮しながらスピードを調整して運転することが最も優先されます。

バス運転手の求人特徴

求人は、長距離バス、市内の循環型バスのいずれに関しても、定期的に募集が行われていることが多いようです。採用の方針の優先順位はバス会社によって多少異なりますが、「運転経験」、「業務経験」、「免許を取得してからの年数」、「事故歴」等が考慮されるようです。
求人ターゲットの年齢に関して、下は20代から上は50代以上と幅があるのが特徴的です。深夜に運行するバスでは夜勤となるため、体力面に自信のあると有利に働く場合があるでしょう。
勤務地は首都圏、地方郊外等、採用された地域となります。全国転勤は比較的に少なく、長距離バス会社で勤務する場合などに求められるといったケースがあるようです。勤務時間はシフト制となっている会社が多く、始発勤務の場合は早朝から、終発勤務の場合は深夜帯まで勤務します。
深夜バスは夜勤帯の固定勤務、長距離バスは固定シフトとなることが多いです。

バス運転手に求められる人物像

乗客の命を預かる立ち場としての業務を、安心して任せることができる人物かどうかというところがポイントになるでしょう。できるだけ正確に発着ダイヤを守ることが求められる一方で、渋滞等でダイヤが乱れてしまった場合にも動揺せずに、乗客の安全を第一に考えて冷静に行動できるかというところをアピールできると良いでしょう。
安全運転を行うために支障が出てしまうような持病が無いことや、業務に耐えうる体力等も、採用を決定する上で大切な要素となります。

「バス運転手の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧