フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アイリストの仕事内容

アイリストの仕事内容

人気上昇中!まつげ美容師のその仕事内容とは

アイリストの仕事内容

アイリストとはまつげを専門とした施術を行います。近年需要が高まっているまつげパーマやカール、カラー、エクステなどの施術が、「まつ毛エクステンションによる危険防止の徹底について」という厚生労働省の通達が出されたことで、「美容師免許」を取得していることが必須となりました。
一からアイリストを目指す場合は美容師免許を取得し、アイリストの専門知識を学ぶことになります。また、美容師として勤務した後にアイリストになるという例もあるようです。勤務環境は美容室ではなく、専門のサロンとなります。女性のアイリストが多く在籍し、勤務しています。サロンで勤務しキャリアを積んだ後には、チェーン店の店長やエリアマネージャーなどマネジメントに携わることになります。一方で、開業・独立を目指すアイリストも存在します。
開業・独立を目指す場合は経営が軌道に乗るまで、アイリストの共用スペースで勤務し、出店費用を節約する場合もあります。

アイリストの求人特徴

前述でも触れたように、アイリストとして勤務し、施術を行うためには「美容師」の免許を取得している必要があります。しかし、それだけではアイリストとしての技術の証明にはなりません。アイリストには民間の資格が存在しており、それらを取得することにより、技術の証明とすることが一般的です。
できるだけ規模が大きく、加盟店が多い検定を探し、取得すると良いでしょう。技術の習得には専門学校やスクールに通うのが一般的です。立地や習得期間など、自分の希望に合った学校を探しましょう。
勤務シフトは正社員の場合は土日を中心としたシフト制ですが、経験を活かしてアルバイトやパートで勤務する方も存在します。独立開業をした場合は収入状況などを鑑み、自分自身の裁量で勤務することも可能なため、様々な働き方が存在する職業と言えるでしょう。

アイリストに求められる人物像

アイリストに求められるのは、顧客の注文を再現する作業の細かさです。顧客のビジュアルに直結する仕事のため、注文に忠実な作業をしなければなりません。完成度を高めることで直接指名され、固定の顧客を獲得できるケースもありますので、顧客とのコミュニケーションの中で要望を的確に把握するためのヒューマンスキルも大切です。
まつげエクステの場合、仕上がりのビジュアルと合わせて、エクステの持ちの良さも作業の完成度を左右する要素となります。また、顧客の目元に直接触れて施術を行うため、衛生管理や作業の丁寧さも非常に重要な要素です。
施術を行っている間は、静かに自分自身の時間として過ごしたい方、会話などのコミュニケーションを楽しみたい方など、顧客には様々な要望があります。アイリストにはその希望を察知し、快適な時間を提供することも求められます。

「アイリストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧