フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガを通して健康をサポート「ヨガインストラクター」になる方法とは?

ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガインストラクターの仕事は、お客様の希望に応じたヨガの指導を行うことです。ヨガと一口に言っても「ハタヨガ」「アシュタンガヨガ」「ホットヨガ」「パワーヨガ」などさまざまな種類があり、その内容も瞑想やポージングがメインの伝統的なものから、エクササイズを中心としたものまで多岐にわたります。
具体的な仕事内容は、指導メニューの作成、指導方法の周知、レッスン生の管理、心身のケアなどです。実際のレッスンでは、1レッスンにつき60~90分を目安として、自律神経を整え、健康の促進するための姿勢や呼吸法、またはストレス緩和や新陳代謝の促進する瞑想やポージングなどを指導します。
レッスン中は生徒たちの様子を見ながら、お手本を見せたり、声をかけたりしてサポートをします。

ヨガインストラクターの求人特徴

ヨガインストラクターの仕事内容

近年の健康ブームやダイエットブームに後押しされ、ヨガスクールやヨガスタジオの数は増加傾向にあります。それに伴ってヨガインストラクターの需要も伸びており、将来性にも期待が持てるでしょう。主な活躍の場は、ヨガスクールやスタジオであり、ほかにも、スポーツジムや地域のカルチャースクール、個人指導や出張講習などで活躍する方もいます。
ヨガインストラクターになるには、特別な資格は必要ありません。ただ、ヨガスクールなどでは即戦力を求められることが多く、経験者が優遇されやする場合もあります。
インストラクターとしての経験がない人は、ヨガ講師養成講座に参加したり、各教室のアシスタントから始めたりするのが一般的です。
経験を積むことで、正社員やフリーランスへの道も開けてくるでしょう。また、全米ヨガアライアンス認定資格や、全日本ヨガ協会認定資格などの取得は就職に役立ちます。

ヨガインストラクターに求められる人物像

ヨガインストラクターは、専門的な知識や複雑なポージングを分かりやすく伝えることが求められます。もともとヨガは古代インド発祥の修行法で、長い歴史を持ちます。専門用語もインド発祥の言葉が多いため、はじめたばかりの生徒ではレッスン内容をスムーズに理解できない場合もあるでしょう。そのため、誰にでも分かりやすいように、噛み砕いて説明するスキルも求められます。自分なりの言葉を用い、生徒としっかりコミュニケーションを取りながらレクチャーできる人は、どの現場でも重宝されるでしょう。
また、自己管理ができるかどうかも重視されます。生徒はインストラクターをよく観察しているため、太っていたり、体調を崩しがちだったりしては先生としての示しがつきません。生徒の見本であることを自覚し、日ごろの食生活や運動といった健康管理に気を配ることができる人が理想的です。

「ヨガインストラクターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧