フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性歯科技工士の仕事内容

歯科技工士の仕事内容

歯の「職人」!歯科技工士の仕事とは

歯科技工士の仕事内容

歯科技工士とは歯科医が治療の過程で必要と判断し、作成した義歯や銀歯、差し歯や詰め物の作成や加工を行う仕事です。近年では審美歯科も多く存在しているため、より緻密な作業を行い、高度な完成度を要求されることもあります。具体的には、患者の噛み合わせの型を取り、それに合わせたモデルを作成し、詰め物や義歯などをモデルに沿って作成します。
医療系の職業でありながら、ものづくりの側面が大きい仕事です。完成物の精度を高めるため、PCなど最新技術を利用した設計を行うことも近年ではよく見られます。また、治療に関しても麻酔やドリルを使用しないレーザー治療の登場など、歯科の分野は日々進歩しています。
勤務する医院やクリニックにより働く環境は異なりますが、継続して治療に訪れる方が多く、転勤なども無いため、比較的落ち着いて勤務することが可能です。

歯科技工士の求人特徴

歯科技工士として勤務するためには、「歯科技工士」の資格取得が必須です。資格取得には国家資格を受験し、合格する必要があります。なお、国家試験を受験するためには所定の学校へ入学し、課程を修了しなければなりません。大学や専門学校など要件を満たすことのできる学校は幅広く存在するので、自分の希望に合った学校を選定しましょう。
希望すれば、海外留学し先進の技術を学ぶことも可能です。シフトは勤務地に準じます。都心のクリニックで勤務する場合は、遅くまで開業しているためケースも多いため、早番や遅番といったシフトが存在します。しかし、郊外のクリニックで勤務する場合は夕方までの勤務が一般的です。
土日も開業しているクリニックに勤務する場合は、不定休となります。歯科は小児歯科から審美歯科、入れ歯の作成まで、老若男女が利用する業種のため需要は高いと言えます。そのため求人は、正社員・アルバイト共に年間を通して募集されています。

歯科技工士に求められる人物像

患者に合わせてそれぞれ細かな部位の作成を行うため、様々な道具を用います。よって手先が器用な方が向いていると言えるでしょう。また、クリニックを訪れた患者ができるだけ早く回復するためには、正確な処置を行うことがもっとも近道です。
治療を進めていく上で、歯科技工士の熟練度が大切な要素のひとつとなります。学会や研修会へ積極的に参加し、最新のテクノロジーを吸収して、作業に還元していく向学心も必要とされる職業です。

「歯科技工士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧