フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事内容

図書館で働く資料検索のプロ!図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事内容

図書館司書は教育機関や地域の図書館などで勤務し、利用者が資料を検索する際に補助をしたり、施設の運営業務に従事する仕事です。具体的には、教育機関で司書として働く場合、図書館の運営業務に従事し、本の在庫管理や、入出荷、利用者への貸し出し、施設利用希望への対応、文書の連絡などを行います。
場合によっては利用者への督促を行う場合があり、ハガキや電話で対応します。反応が無かった際には対象者へ施設利用の制限を行います。資料の管理はデータベースで行い、一般的な連絡はパソコンのメールなどで行います。
限られた人数で施設運営を行うため、ひとつひとつの業務を確実に実行していくことが求められます。職場は主に図書館や学校等の図書室ですので、落ち着いた雰囲気のもとで働くことができるでしょう。

図書館司書の求人特徴

司書として勤務するには「司書」資格を取得している必要があります。正社員の求人よりも契約社員やパートなどの求人が比較的多い傾向です。募集人数は1名や若干名など、狭き門ともいえます。募集によっては、司書としての勤務経験が必要とされることもあります。
正社員としてのキャリア形成を考えるのであれば、一度契約社員やパートなどの雇用形態で司書としての経験を積むことも良いでしょう。民間施設で正社員として勤務する場合は年俸制となり、給与が12分割で支給され、賞与はありません。勤務はシフト制で、土曜日・日曜日に出勤することもあります。
学校で勤務する場合は日曜日はお休みです。転勤はほぼ無く、休暇は比較的取得しやすいでしょう。

図書館司書に求められる人物像

落ち着いて堅実に勤務できる方が司書として望ましいでしょう。利用者の中には資料を探しに訪れる方もいらっしゃるため、レファレンス方法のアドバイスを行ったり、その他の要望を伺います。接客業としての側面もあるため、コミュニケーション力も求められるでしょう。
洋書の入出荷など、場合によっては海外と連絡を取る必要があるため、語学力が必要とされることもあります。英検やTOEICスコアなどを取得し、語学力を証明することができれば、採用の際にアピールポイントとなります。

「図書館司書の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧