フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性電気工事士の仕事内容

電気工事士の仕事内容

電気のプロ!電気工事士の業務とは?

電気工事士の仕事内容

電気工事士は店舗や施設の電気設備の保全、チェック業務を行います。工場の機械の修理、メンテナンスを行ったり、店舗や施設の電気設備を定期的に調べ異常が無いかどうか確認し、必要があれば業者や職人の手配を行い、設備保全を行います。
ビルメンテナンスの場合は、常駐し、時間ごとに各階で所定のチェック業務を行います。夜間にメンテナンス業務を行う場合もあり、気力・体力が必要とされる仕事です。電気工事士は勤務する企業によって働き方が大きくことなるのが特徴です。
仕事内容や収入、休日、勤務シフトによってどの企業に応募するか、あらかじめ絞っておくと良いでしょう。

電気工事士の求人特徴

電気工事士の仕事内容

電気工事士として勤務するには国家資格の第2種、第1種の「電気工事士」資格を取得する必要があります。受験資格はありませんが、筆記と実技による試験に合格する必要があります。また、施設管理の場合は第2種と第1種で取り扱うことのできる施設の規模が変わります。
ビルや商業施設などの工事に携わりたい場合は、第1種電気工事士の資格取得をする必要があります。その他、業務の幅を広げることのできる関連資格も存在します。「電気工事士」加え、併せて取得する資格によって、将来的なキャリアを形成することができます。
あらかじめ求人に目を通しておき、自分が希望する仕事に必要な資格をチェックしておくと良いでしょう。シフトは日勤や夕勤、場合によっては夜勤もあります。
ビルの設備保全の場合は24時間勤務となり、仮眠が4~6時間程度、その翌日、翌々日がお休みといった勤務形態をとることもあります。24時間シフトで勤務する場合は年間休日が190日前後になる場合もあります。
日勤で稼動する場合は年間休日は110~120日前後となることが一般的です。機械メンテナンスを行う企業で従事する場合は、日勤か夕勤、夜勤のシフト勤務になることが多いです。

電気工事士に求められる人物像

コミュニケーション能力のある方や几帳面な方、忍耐強い方が比較的望まれる傾向です。施設メンテナンスは時間ごとに、同じことを繰り返し行う業務となるので、めんどくさがったり、飽きたりせずに毎回フロー通りに実施することが大切です。
よって巡回、メンテナンスを行う度に、忠実に業務を行うことが求められます。経験者でなくても資格を取得していると勤務できる場合が多いので、「業務をこなしながら成長していきたい」という向学心がある方にもオススメです。
併せて、機械メンテナンスの場合は『機械保全技能士』、施設管理の場合は『ボイラー技士』などの資格を取得していると、採用の際にアピールポイントとなるでしょう。

「電気工事士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧