フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターの仕事内容

意外と知らない?ベビーシッター勤務のさまざま

ベビーシッターの仕事内容

ベビーシッターとは、保護者が仕事や用事などで世話ができない時に、保護者に代わって、生後数日から満1歳までの乳幼児の世話をする仕事です。お宅に直接訪問して、依頼者が留守の間に、ミルクを飲ませたり、寝かしつけたり、オムツを替えたりと一般的な育児を補助します。
依頼ベースの仕事となるため、仕事のシフトは、短期・短時間のものから、長期・長時間ものまでさまざま存在します。チェック項目を設けておき、依頼者が外出する前に、ミルクやオムツなど必要なものがしまってある場所を、確認すると良いでしょう。

ベビーシッターの求人特徴

依頼される仕事は、依頼主の都合によってさまざまです。3時間などの短時間勤務から8時間などの長時間勤務まで存在し、求人はその日限りのスポット勤務から常勤のものまで、幅広く存在しています。スポット勤務が可能な短時間勤務の求人は夕方から夜の時間帯のものが多いです。
勤務にあたっては、経験者が求められやすい傾向がありますが、未経験の方でも、子育て経験のある方や、ブランクの浅い方は優遇されることがあります。
ベビーシッターとして勤務する上で必要な資格はありませんが、保育士資格を取得している方も多く勤務しているようです。
給与は時給制が多く、勤務した時間に対して報酬が支給されます。それぞれの家庭に赴くため、勤務地は勤務先に準じます。

ベビーシッターに求められる人物像

乳幼児は体調の変化が激しいため、些細なことが命に関わる場合があります。命を預かっているという自覚をもって勤務することが大切です。
勤務している時間帯は乳幼児から目を離さずに、しっかりと見守りましょう。勤務中に何か気がついたことがあれば、依頼者や管理者へ連絡をした後、指示を仰いでください。ベビーシッターは他人のお宅に訪問し、勤務します。
依頼者の留守を預かる身でもあるため、社会人としてのマナーも求められます。

「ベビーシッターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧