フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性社会保険労務士の仕事内容

社会保険労務士の仕事内容

企業に関わる法律業務を行う「社会保険労務士」仕事内容と求人傾向をご紹介

社会保険労務士の仕事内容

社会保険労務士は、人事労務管理や社会保険を専門とし、各種書類作成や申請手続きを行う仕事です。労働基準法をはじめとする、労働社会保険諸法令を基にした業務を担当し、法律が絡んだ複雑な作業を行います。 具体的な仕事内容は、健康保険・労災保険への加入手続きや提出代行、助成金・奨励金の受給を求める書類作成や申請、各種保険の請求手続き、年金の相談や請求、就業規則の作成や変更などです。主に、事業責任者の代理として活動し、法律で義務付けられている各種保険の諸業務を担当することになります。また、採用、人材育成、賃金、福利厚生、退職など、経営管理に関わる諸領域の相談を受け、これらのアドバイスを行うこともあります。リストラや賃金不払いなどの企業トラブルにおいて、専門家の視点から解決へ導くことも社会保険労務士の仕事です。

社会保険労務士の求人特徴

社会保険労務士の仕事内容

人事労務管理や社会保険は、企業に対し、法律で義務付けられている項目です。国家資格を要する職業でもあるため、社会保険労務士にはいつの時代も安定したニーズがあります。 社会保険労務士は、「勤務型」と「独立開業型」に大きく分けることができ、それぞれに働き方が異なります。勤務型は企業や事務所などに勤務することを指し、独立開業型はその名の通り自身で事務所を立ち上げて、運営することを指します。社会保険労務士になりたての場合、前者の勤務型で経験を積むのが一般的です。 求人数は全国的に豊富であり、大規模な企業や事務所が中心となりますが、一つの企業で何人も抱えるような職種ではないため、企業によっては競争率が高くなることもあります。広い視野を持って探すようにしましょう。

社会保険労務士に求められる人物像

依頼者からの相談を受けて解決へ導く業務が多い仕事柄、社会保険労務士には依頼者の信頼を得られるような誠実な立ち振る舞いが求められます。喋り方や身だしなみ、見た目の第一印象を含め、依頼者との信頼関係が重要な職業であるため、これらの資質は大切な要素になるでしょう。 さらにサービス精神を持つことで、社会保険労務士として活躍できる可能性が高まります。法律を取り扱う専門職とはいえ、依頼者があってこその職業です。依頼者に満足してもらえるように、最適な解決策を吟味して提案していく必要があります。 また、社会保険労務士の仕事は、計算作業がつきものです。月々の健康保険料の計算、年金支給額の計算、労働災害保険の計算など、依頼に内容に応じて、多くの計算を正確に行える能力も欠かせない適性と言えるでしょう。

「社会保険労務士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧