フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性医師の仕事内容

医師の仕事内容

医学界を支えるキーマン「医師」仕事の内容となり方をご紹介

医師の仕事内容

医師は、「臨床医」と「研究医」に大別され、それぞれ医学の専門家として活躍しますが、業務内容が大きく異なります。 臨床医は、病院や診療所などで、患者の治療や診察を行う医師を指します。具体的な仕事内容は、来院した患者の診察、特定の病気やケガに合わせた薬の処方です。患者の症状次第では精密検査、手術を行いますが、自身の専門外になる場合は、より適切な治療が可能な医師へ紹介状を書くこともあります。 一方研究医は、大学や研究機関などで、研究を行う医師を指します。実験やデータ収集を重ね、未だ解明されていない病気の原因を探ったり、研究結果を学会で発表したりすることが仕事です。臨床医のように患者と接することはありませんが、医療業界の将来を担う大切な役割を果たしています。

医師の求人特徴

医師の仕事内容

医師の求人は全国的に豊富であり、勤務先を探すのは難しくありません。近年の、医療発達と、医療サービスを求める人口の増加によって、さらなる需要増が見込まれています。医師不足が深刻化している地域もあり、幅広い選択肢が考えられるでしょう。臨床医であれば、内科や外科、産婦人科、精神科など、所属する科も細分化されるため、自身の専門に合わせた勤務先を探すことをおすすめします。 また、医師として働くには、国家資格である医師免許を取得する必要があります。例年、高い合格率が出ていますが、大学の医学部で6年間のカリキュラムを修了すると、受験資格を得ることができます。医学部への入学は難易度が高いと言われており、医師を目指す場合は、早いうちから将来を見据えて、計画を立てておくことが大切です。

医師に求められる人物像

医療業界は、日々目覚ましい発展を遂げており、今までになかった先進的な技術や知識が次々と登場しています。医師には、こうした時代の変化に対応できるだけの柔軟性と、向上心が求められます。患者の命、健康を守る立場として、医師免許取得後も絶えず勉強を続けていく姿勢が大切です。 臨床医は患者の症状が改善に至るよう尽力し、研究医は医学のさらなる発展のために研究を続けます。どちらも短期的なスパンではなく、ときには何十年という時間が必要になることもありますが、諦めることなく、粘り強く挑戦できる力が問われます。人の人生を左右しかねないという職業柄、大きなプレッシャーを感じることもあるため、精神的なタフさも重要な適性となるでしょう。

「医師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧