フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性トリマーの仕事内容

トリマーの仕事内容

ペットの見た目を美しく整える!「トリマー」になるためには?

トリマーの仕事内容

トリマーは、お客様の要望をもとに、ペットのトリミング(毛のカット)を行う仕事です。取り扱うペットは、犬や猫がほとんどですが、ウサギ、フェレットといった小動物を担当することもあります。 仕事の流れは、まずお客様の要望をカウンセリングで把握することから始めます。全体を短くするのか、部分的に整えるのかなど、仕上がりのイメージを形にするために細部にわたって確認します。次に、ペットの体調チェックを行い、トリミング作業に入ります。トリミング作業は、シャンプーからはじまり、ブロー、カット、仕上げを経て完成です。最後にペットのカルテを作成し、お客様に引き渡します。 また、トリミング中に、ペットの健康異常を発見した際には、それをお客様に伝えるのもトリマーの大切な仕事です。

トリマーの求人特徴

近年、服を着せたり、アクセサリーをつけたりと、以前よりもペットのオシャレを意識する飼い主が増えています。そのなかで、ペットの身だしなみには注目が集まっており、トリマーの需要も高まっています。就職先は、ペットショップのチェーン店をはじめとして、個人店舗なども多くあります。トリマーの求人は、求人サイトで探すことができるほか、トリマー養成の専門学校からの紹介といった道もあります。専門学校に通っている人は、積極的に利用するとよいでしょう。 トリマーには、国家資格や公的資格が存在せず、興味があれば誰でもチャレンジできます。しかし、民間団体などが認定する資格がいくつかあり、それらを取得すれば就職へ有利に働きます。入社後すぐに実務に関わりたい方や、正社員を目指している方は、あらかじめ資格を取得しておくことをおすすめします。

トリマーに求められる人物像

トリマーに必要な資質は、何といっても動物が好きであるということです。毎日のように動物と接する仕事であるため、動物が好きでなければ務まりません。生き物の世話をする仕事ですので、責任感も問われます。 また、トリマーは立ち仕事であり、トリミングを行うのが大型犬だと体重が60キロ以上の子もいるなど、しっかりとした対応を出来るだけのタフな体力が求められます。このほか、動物相手の仕事ですので、「忍耐力」も必要です。 これらのことを踏まえて、それでも動物を好きであり続け、大切に扱うことのできる人は、トリマーに向いているといえるでしょう。

「トリマーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧