フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性保健師の仕事内容

保健師の仕事内容

人々の健康を守る「保健師」ってどんな仕事?求められる人物像は?

保健師の仕事内容

保健師は、地域や企業の人々を対象に、健康維持、予防対策、管理を行う仕事です。具体的な仕事内容としては、健康診断、カウンセリング、各種検診、予防注射、食事の改善支援、看護などです。 保健師は勤務先によって専門性が異なり、業務内容も多少変化します。保健所や市役所で働く「行政保健師」は訪問相談や事務を行い、民間企業に勤める「産業保健師」は社員の心身の健康管理、学校に勤務する「学校保健師」は生徒や教員の健康管理をします。勤務先によって担当する相手が異なるため、それぞれに沿った適切な指導が求められる仕事です。近年の医療現場では、病気を未然に防ぐ「予防医学」の考え方が重視されるようになってきており、保健師の存在意義も高まってきていると言えます。

保健師の求人特徴

保健師の仕事内容

保健師の求人は、全国的に安定してありますが、勤務時間が安定している勤務先では、家庭を持つ人も働きやすく、離職者が少なくなっているため、欠員が出にくいという側面があるようです。正社員での採用のほか、パートや非常勤という勤務形態での募集もあります。経験者を優遇しているところもあるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。 健康に関する専門知識を備えた保健師は、介護を必要とする人には欠かせない存在です。実際に、近年の高齢化の影響により、介護施設でのニーズが高まってきています。勤務先を選ぶ際は、広い視野を持って探すとよいでしょう。 また、保健師として働くには、国家試験に合格して資格を取得しなければなりません。そして保健師の免許を取るためには、まず「看護師」の資格を取得している必要があります。看護師の免許を取った後に、指定の学校、または養成所で保健師に必要な知識と技能を修得すると「受験資格」が与えられるので、注意しましょう。

保健師に求められる人物像

人と接する機会が多い保健師には、高いコミュニケーション能力を持った人材が望まれます。子供から大人、さらには高齢者を相手にすることもあり、幅広い世代に対応できるだけの話術があると良いでしょう。 また、健康に関する専門家として、強い責任感を持つことも大切です。担当する自治体や企業、学校などの健康は、保健師の努力や力量にかかっています。近年は、世間全体の健康志向が高まってきており、保健師に求められていることは以前より増えています。自分の役割をしっかりと理解し、責任感を持って働くことのできる人材が求められるでしょう。

「保健師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧