フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性フォトグラファーの仕事内容

フォトグラファーの仕事内容

写真の力で伝える「フォトグラファー」の活躍の場と仕事内容をご紹介

フォトグラファーの仕事内容

フォトグラファーは、依頼者の注文に応じて、報道、芸能、広告などの分野において、写真を撮影する仕事です。活躍の幅は広く多岐に渡りますが、フォトグラファーによって、ファッション専門、スポーツ専門、水中専門、動物専門、そのほか料理や静物専門といったように、得意とする専門分野があります。それぞれで被写体は異なるだけでなく、撮影した作品を掲載・発表する媒体によっても、求められる写真や映像が大きく変わります。 その他にも、写真館に所属し、記念写真や地元の学校のアルバム用の写真の撮影を行う場合や、結婚式場での撮影を担当する場合などがあります。 近年は、デジタルカメラでの撮影が増え、撮影だけでなくパソコンで修正を行う作業も担うケースが一般的です。

フォトグラファーの求人特徴

フォトグラファーになるための特定の資格などはなく、技術、経験、実績がものをいう職業です。下積み期間を通して、地道に実力を磨き上げていくケースがほとんどです。 はじめは、アシスタントとして、カメラスタジオや出版社などで経験を積むか、自治体や企業が主宰するコンペで受賞を目指すなどして、実績を積み上げていくのが一般的です。カメラの専門学校に通いながら、上記の方法を実践するのもよいでしょう。また、プロのカメラマンに師事をするといった道もあります。 アシスタントの場合は、未経験者を歓迎しているところが多く、初心者でも挑戦しやすいでしょう。求人情報は、求人サイトや求人誌などに掲載されています。

フォトグラファーに求められる人物像

フォトグラファーは、写真のスキルはもちろんのこと、自身をアピールできる「積極性」も問われます。就職先を見つけるにしても、フリーとして活躍するにしても、自身の作品を売り込めなければ仕事をもらうことはできません。 それに伴って、自身の長所と作品の強みを認識するための「分析力」も備えている必要があります。営業をする際には、同業者ばかりでなく、知識を持っていない人を相手にすることがあります。専門的な視点だけでなく、誰にでも分かりやすいような伝え方をしなければ、営業は成功しません。場合によっては、プレゼンテーションのスキルを要求されることがあります。

「フォトグラファーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧