フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性司法書士の仕事内容

司法書士の仕事内容

法律ならお任せ!「司法書士」のなり方と仕事内容をご紹介

司法書士の仕事内容

司法書士は、個人や企業からの依頼を受け、裁判所、検察庁、法務局などに提出する法関連の書類作成や、手続きを行う仕事です。「登記」と呼ばれる業務を主に取り扱っており、専門性の高い職業として知られています。 登記とは、家の持ち主や会社設立の代表者を書類に起こし、法務局に提出することで公的な認定を受ける作業です。登記にあたっては、法律が絡んだ書類作成や手続き、依頼者への連絡など、さまざまな業務を伴います。 このほか、障がいを持つ人のサポートとして、自身の権利や財産を守るための各種手続きを代行する「成年後見」や、簡易裁判所で弁護士として活躍する「弁護活動」、そして、金銭トラブルや相続金などの相談を受ける「カウンセリング業務」なども司法書士の仕事です。

司法書士の求人特徴

司法書士の仕事内容

司法書士として働くには、国家資格を取得する必要があります。司法書士試験は、数ある資格試験のなかでも高難度と言われ、合格者数は例年、受験者のうちの3%前後となっています。しかし、資格職であるため、試験合格後の就職先は比較的見つけやすい傾向にあります。 近年は、司法書士事務所や、企業の法務部署が多い大都市圏を中心に、司法書士のニーズは高まっています。さらに、高齢化社会や企業の多様化によって、活躍の場は広がっており、今後もこの傾向は続くと予想されます。年齢や経験といった項目もあまり重視されず、未経験の人でもチャンスはあるため、資格取得後は、積極的に働き口を探してみましょう。求人情報は、事務所や企業のホームページ、インターネットの求人サイトなどで見つけることができます。

司法書士に求められる人物像

司法書士は、法律を専門とする職業であるため、責任感と几帳面さが求められます。少しのミスが法的な問題につながりかねないリスクがあることを、常に念頭に置いて仕事をする必要があります。例えば、登記の作成や手続きは、公的な信頼を求める大切な業務です。内容に不備があれば、自身だけでなく、依頼者の信用にも関わってきます。自身の責任を忘れず、不備がないよう正確に業務を進める力は必須です。 また、士業だからと言って資格にあぐらをかくことなく、依頼者に向けた接客業でもあることを自覚し、求められた依頼を確実にこなすスキルはもちろん、どうすれば満足度を上げることができるのかを考えることも重要です。評判が重要な業界の中で、以上のような資質を持つことで重宝される人材となることができるでしょう。

「司法書士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧