フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の仕事内容

医療検査で医師をサポート!「臨床検査技師」は何をする仕事?

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師は、患者の臨床データを得るために検査を実施し、医師が適切な診断や治療を行えるようにサポートをする仕事です。医師や歯科医師の指示をもとに、業務を遂行するのが一般的ですが、検査情報を自ら分析、評価することもあります。具体的な業務は「検体検査」と「生理学的検査」の二つに分けられます。 検体検査は、血液や尿、手術などで採取された組織や細胞を調査し、患者の体内に異常がないかを調べる業務です。血液検査や尿検査など、健康診断で行われている検査をイメージすると分かりやすいでしょう。異常が見つかった場合、適切な医療薬の効果を調べ、医師に報告します。 生理学的検査は、心臓や脳波、呼吸、聴力といった機能を調べる業務です。検査内容は、心電図検査やエコー検査など多岐にわたり、心筋梗塞、心不全、糖尿病など、検体検査では分からない身体トラブルの発見を目指します。 臨床検査技師は、このような専門検査を行うための医療機器の操作を担当し、点検、保守、修理といった機器メンテナンスも業務の範囲となります。

臨床検査技師の求人特徴

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師になるには、国家資格が必須です。受験には、専門養成施設を卒業する必要があり、大学であれば四年、短期大学、専門学校であれば三年の課程を修了しなければなりません。卒業し、試験に合格することで、臨床検査技師を名乗ることができます。 臨床検査技師の求人状況は、医療の高度化、予防検診の増加により、大都市圏を中心に活発です。新卒者採用や欠員補充などで、毎年のように求人が出ています。欠員補充の場合は、経験者優遇となる場合が多いため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。 臨床検査技師の勤務先には、病院やクリニック以外にも、臨床検査センター、製薬メーカー、大学、衛生検査所などもあるため、広い視野を持つことで働き口を見つけることができるでしょう。自身の目的と展望を明確にし、それに合った職場を探すことが大切です。

臨床検査技師に求められる人物像

臨床検査技師の業務は、医師と密接な連絡を取りながら進めていく必要があるため、全体を考えることができる協調性と、コミュニケーション能力が求められます。医療現場では、少しのミスが全体に響くケースも少なくありません。「コミュニケーション不足」が原因となることもあります。臨床検査技師は、患者の検査結果を医師や看護師に漏れなく伝えることが仕事であるため、医師伝達能力は欠かせない資質になります。 また、医療現場に携わっている立場として、責任感も大切な要素です。人の命や健康において、検査がもたらす結果が大きな影響を与えてしまう可能性があることを、働く前から理解しておきましょう。さまざまなことに責任感を持って接することのできる人は、臨床検査技師として十分に活躍することができる可能性があります。

「臨床検査技師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧