フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性歯科医師の仕事内容

歯科医師の仕事内容

口内環境を整える「歯科医師」仕事内容と求人特徴をご紹介

歯科医師の仕事内容

歯科医師の仕事は、医療的な知識・技術を用いて、患者の口内トラブル、口周りやあごが引き起こす諸症状の解決を図ることです。 具体的な仕事内容は、虫歯や歯ぐきの疾患の治療・予防、口内機能の回復、矯正など歯並びの治療、顎関節症の対処、ホワイトニング、インプラントなど、多岐にわたります。このほかに、教育施設や保健所、行政機関で定期検診を行うこともあります。 虫歯や歯ぐきなどは一般歯科、ホワイトニングや矯正などは審美歯科と呼ばれ、行う診療内容によって、歯科医師でも専門範囲が異なります。 また、行政が運営する病院の専門医になると「舌癌」や、先天性異常で唇に異常が生じてしまう「口唇口蓋裂」などといった疾患の治療をすることもあります。場合によっては、手術を手掛けるケースもあり、歯科医師は口内疾患を広範囲で取り扱う専門家といえる存在です。

歯科医師の求人特徴

歯科医師の仕事内容

歯科医師には定年がなく、経験を積み重ねた後に独立開業をするのが一般的であるため、一度就労すれば長きにわたって働き続けることができます。 勤務医の主な職場は、歯科医院、総合病院、大学、研究所、製薬会社であり、求人情報は、それぞれの公式ホームページや求人サイトに掲載されています。勤務形態は、正社員雇用が中心ですが、近年は、非常勤雇用をする医療施設もあり、選択肢の幅は広がっています。 また、歯科医師になるには国家資格が必須であり、取得をしていなければ採用されることはありません。国家資格を得るには、歯科大学や歯学部で知識を学び、試験合格を目指すルートが一般的です。

歯科医師に求められる人物像

口内治療では、数ミリ単位での作業をすることになるため、歯科医師には手先の器用さと高い集中力が必要とされます。口内環境はデリケートであり、非常に狭いです。少しのミスがさらに症状を悪化させてしまう原因となるケースもあるため、手先の器用さがなければ適切な治療を施すことができません。重篤な疾患になると、治療が長時間に及ぶこともあるので、ミスをしないように十分留意しながら、患者の負担を増加させないように治療を施す技術が求められます。これらの業務事情から、上記二つは兼ね備えておくべき重要な資質です。 また、患者さんと真摯に向き合える誠実さも求められます。適切な治療を提案するのはもちろんですが、提案と要望をきちんと擦り合せたうえで治療を進めなければなりません。歯科医師として活躍するためには、相手の気持ちにどこまで寄り添って考えることができるかが重要です。

「歯科医師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧