フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事内容

医薬品の専門家「薬剤師」仕事内容から求人傾向までをご紹介!

薬剤師の仕事内容

薬剤師は、患者の病気やケガに合わせた医薬品の調合や研究をする、医療薬の専門家です。医師の診断結果に基づいて薬を用意し、その薬が患者にとって適切な効果をもたらすのかを確認してから提供します。 業務内容は勤務先によって異なり、調剤薬局の場合、医師が出す処方箋をもとに、調剤をはじめ、服薬指導や薬歴管理もします。服薬指導とは、服用方法や効能を患者に説明し、適切な効果を得られるようにアドバイスをすること、薬歴管理は、医療薬の服用履歴を調べ、服用によるトラブルを起こした経験がないかを管理することです。 一方、病院で働く薬剤師は、調剤が主な仕事となり、市販していない薬を製剤したり、製薬会社と共同で新薬を開発したりします。病院によっては、医師の代わりに患者のケアを担当することもあり、その業務は多岐にわたるでしょう。 さらに、製薬会社や治験現場になると、調合や研究の基本業務に加えて、企業が薬品を販売するときのサポートも行うことになります。

薬剤師の求人特徴

薬剤師の仕事内容

薬剤師になるには、業界を調査して求人を探すことも大切ですが、第一歩として国家資格を取得する必要があります。国家試験に合格し、厚生労働省が管理する薬剤師名簿に記載されることで、免許が交付されますが、こちらを取得しなければ薬剤師を名乗ることはできません。 近年、診察・処方は医師が行い、処方箋の調剤・投与は薬剤師が行う「医療分業」が進んでいます。そのため、薬剤師のニーズは高まっており、調剤薬局や病院、診療所、製薬会社、大学、ドラッグストアといった幅広い医療関連施設が薬剤師の活躍の場となります。 一方では、教育施設での薬学部増加により、薬剤師が増えている状況という見方もあり、求人によっては、実務経験を積んだ人材に採用を絞っているケースもあります。

薬剤師に求められる人物像

医薬品の調剤・処方には、専門的な知識が必要です。一つの間違いが直接的に患者の命に関わるため、薬剤師には正確性と責任感が問われます。ほんの少しのズレが医薬品の効果を変化させてしまうこともあり、毎日細かい作業を続けることも少なくありません。自身が携わっている仕事が、どれだけの重要性を持つのかを認識したうえで、慎重に仕事をこなしていくことが求められます。 また、患者に医薬品の説明をする機会も多いことから、人のことを考えられる思いやりも大切です。話しやすい環境を作るのはもちろん、医薬品に不安を持つ患者に対して誠意を持って対応することで、信頼を得なくてはなりません。医師や看護婦とのやり取りでは専門用語を使った会話が成立しますが、患者に適切に伝えるには、分かりやすい言葉を用いて、噛み砕いて説明することが求められます。そのような技術を持って仕事に当たることのできる薬剤師は、さまざまな現場で重宝されるでしょう。

「薬剤師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧