フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性社員食堂スタッフの仕事内容

社員食堂スタッフの仕事内容

社員の健康を守る「社員食堂スタッフ」の仕事と働き方をご紹介

社員食堂スタッフの仕事内容

社員食堂スタッフの仕事は、企業の食堂で、接客や調理を行うことです。具体的な業務内容は、届いた食材の運搬・整理、仕込み、食事準備、メニュー表の作成やチェック、レジ打ち、洗浄、掃除などです。 小規模な食堂では全てを数人でこなし、大規模な食堂では接客と調理を分担するなど、食堂の規模によって仕事の幅が異なります。その場合、接客ではメニュー表のチェックやレジ打ち、調理は食材・料理に関する作業を担当します。 社員が食堂に来るのは休憩時がほとんどであるため、忙しい時間帯が偏っている場合も多くあります。休憩時間帯のピーク時に、できるだけ効率的かつスムーズに作業を進められるよう計画的に準備、対応することが大切です。

社員食堂スタッフの求人特徴

コンビニの登場などで一時は減少傾向にあった社員食堂数ですが、健康志向の高まりを受け、低カロリーメニューの導入や、カフェスタイルにするなど、社員の嗜好に沿った社員食堂を運営する企業が増えており、注目度が高まっています。それに伴って、社員食堂スタッフのニーズも高まってきており、求人サイトや情報雑誌で求人情報を見つけることができます。 勤務形態は正社員からパート、アルバイトまであり、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。それぞれ特別な資格は必要ありませんが、正社員として働きたい場合は、調理師免許などを取得しておくと就職に有利になる場合があります。

社員食堂スタッフに求められる人物像

社員食堂スタッフは、調理をするほか、社員と触れ合う機会が多いことが特徴です。コミュニケーション能力の高さが問われる職業といえるでしょう。ビジネスから離れたひとときを、社員ができるだけ快適に過ごせるようお手伝いをし、柔軟な話術で元気づけられると理想的です。 また、食材などの重い物を運んだり、調理や洗い物などの立ち仕事が多いため、体力に自信がある人が向いているでしょう。

「社員食堂スタッフの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧