フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性給食調理員の仕事内容

給食調理員の仕事内容

食から健康をサポート「給食調理員」はどんな仕事?

給食調理員の仕事内容

給食調理員は、給食を提供する各種施設で、栄養士が考えたメニューに沿って食事を作り、配食をする職業です。主な仕事は調理や配食ですが、その前後にあたる作業も担当しており、施設に届く食材の仕分けや洗浄、調理工程の準備確認、残飯チェックから食器の洗浄、そして清掃など、幅広い業務を行います。小学校などの教育施設に勤務する場合には、一般的には昼食を担当することになるため、朝早くに出社し、夕方頃の退社というスケジュールが多いようです。

給食調理員の求人特徴

小学校などの教育施設に勤務する仕事というイメージがある給食調理員ですが、近年は医療施設や福祉施設も勤務地の選択肢となっています。高齢化により、福祉施設の需要が増えていることを受け、入居者、利用者への食事を提供する給食調理員の求人ニーズも、今後さらに高まってくることが予想されます。 給食調理員として働くには、特別な資格などは必要ありませんが、「調理師免許」を取得することで選べる求人の幅は広がるでしょう。また、専門職の色が強い業界のため、未経験者よりも経験者が優遇される傾向にあります。未経験者は調理師免許を取得し、アピール材料を増やしておくことをおすすめします。

給食調理員に求められる人物像

給食調理員は一回で大量の食事を作ることから、作業効率を高めるために、役割を分担して仕事に当たる場合が多いです。そのため、責任感や協調性を持って仕事ができる人材が求められます。 流れ作業のどこかの工程で支障が出ると、全体に影響し配食時間が遅れたりする原因となってしまうため、受け持った仕事において適切な進行管理を行うことができるだけでなく、何らかのトラブルが発生した際にも、慌てずに周囲と協力して作業を進められる人が望ましいでしょう。

「給食調理員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧