フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性調剤薬局事務員の仕事内容

調剤薬局事務員の仕事内容

薬局の顔「調剤薬局事務」の詳しい仕事内容は?

調剤薬局事務員の仕事内容

調剤薬局事務は、調剤薬局において、薬剤師が調剤だけに専念できるようサポートをする職業です。患者と薬剤師をつなぐ役割を担っています。 具体的な仕事内容は、患者の応対、処方箋に関する説明、薬剤師への連絡、会計など幅広いですが、なかでも重要となるのはレセプトの作成です。レセプトとは、診療報酬明細書のことであり、患者が受けた健康保険の額を自治体に請求するときに使う書類です。薬局の利益はここで発生するため、薬局経営に関わる重要な仕事といえます。

調剤薬局事務員の求人特徴

全国的に調剤薬局は増加傾向にあり、調剤薬局事務のニーズは高まっています。最近では、スーパーやホームセンター、ドラッグストアに設置されるケースも増えており、働き口は多様化しているといえます。 また、調剤薬局事務に就くにあたっては、必須となる資格が特にありません。そのため、比較的就業しやすい職業として、競争率が高くなる傾向にあります。必須資格ではないものの、「調剤事務管理士」や「調剤報酬請求事務専門士」といった民間資格を取得しておくことで、就職時にアピールポイントになる場合もあるでしょう。 働き方は、正社員、派遣社員、パート・アルバイトと様々な就業形態があるので、自分に合った求人を探してみると良いでしょう。

調剤薬局事務員に求められる人物像

患者が気持ち良く薬局を利用できるかどうかは、応対をする調剤薬局事務にかかっています。調剤薬局の顔として、接客マナーや対応のよさが求められます。 レセプトのような経営に関わる業務や、ときには薬剤師の指示の下、薬の整理整頓、調剤補助などのアシスタント業務を担うこともあるため、正確性や計画性を持って仕事ができる人材であることが大切です。ひとつのミスが大きなトラブルに繋がる仕事柄、注意深さや慎重さも重要な適性と言えるでしょう。

「調剤薬局事務員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧