フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性宅配便ドライバーの仕事内容

宅配便ドライバーの仕事内容

配達のスペシャリスト「宅配便ドライバー」についてご紹介

宅配便ドライバーの仕事内容

宅配便ドライバーの仕事は、お客様から預かった荷物を、受取人の元へ安全に届けることです。エリアを区切って仕事が割り振られることが多く、担当地域における配達を全て行うことになります。 また、配達前の集荷作業も宅配便ドライバーの業務です。集荷作業とは、集荷センターや会社、コンビニエンスストアに集められた荷物をトラックに積み込むことであり、この集荷が終わって初めて、配達に取り掛かることができます。配達時には、お客様が希望する配達時間を確認し、効率のよいルートを検討、設定するといった作業も行います。

宅配便ドライバーの求人特徴

近年、インターネット通販事業の成長により宅配便の利用数が増加し、運輸業は一層活発化しています。その影響で、宅配便ドライバーのニーズも安定してきており、求人情報は比較的見つけやすい傾向にあります。 宅配ドライバーになるには、運転免許の取得が必須です。大型自動車運転免許の取得が望ましいですが、普通自動車免許でも問題ありません。ただ、企業によっては普通自動車免許では運転できないトラックを取り扱っているところもあるため、事前のチェックを欠かさないようにしましょう。

宅配便ドライバーに求められる人物像

荷物の積み込み、積み下ろしをする宅配便ドライバーには、一定の体力が必要です。アパートやマンションといった階段がある住宅に配達をすることもあり、重い荷物を持ちながら階段を上る場面も考えられます。 また、配達先のお客様が不在のときは、電話などで直接連絡をすることもあります。その際は、相手を不快にさせることなく会話をしなくてはなりません。また届け先の受取人が不在により再配送を行うケースも多いため、効率的なルートを検討し、臨機応変に対応できるとより望ましいでしょう。

「宅配便ドライバーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧