フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性観光バスガイドの仕事内容

観光バスガイドの仕事内容

楽しいバスの旅を演出する「観光バスガイド」の仕事の特徴と求められる人物像

観光バスガイドの仕事内容

観光バスガイドは、観光名所を巡る観光バスや貸し切りバスなどに同乗し、乗客に名所案内や歴史説明をする仕事です。観光ツアーをはじめとして、修学旅行や社員旅行などで活躍します。乗客を楽しませることを目的として、ときには車内イベントの進行や、カラオケ、ゲームなどの余興を担当することもあります。 また、運転手の補助も大切な業務です。安全な運行のために、道順の管理、時間調整、下車誘導、車内点検などの役割を担います。乗客はもちろん、長時間の運転を行う運転手が快適に過ごせるように適切なサポートを行うのも観光バスガイドの務めのひとつです。

観光バスガイドの求人特徴

昨今の外国人観光客の増加や、観光バスツアーの人気向上により、観光バスガイドの求人ニーズは高まっています。求人情報は求人サイトや情報誌で探すことが可能です。 主な勤務先は、私鉄バス会社、観光バス会社、交通局があります。なかでも観光バス会社は、採用にあたって専門資格を求められることが少なく、業界未経験者でも採用されやすい傾向にあります。観光名所などの専門知識も、入社後の研修などで身につけるのが一般的なので、特別な知識は必要ありません。 ただ、ツアーコンダクターに必要な「国内旅程管理主任者」を取得していれば、就職の際に有利に働くことがあります。企業のなかには、入社後に取得義務を課しているところもあるため、あらかじめ取得しておいて損はないでしょう。

観光バスガイドに求められる人物像

「体力がある」「人と接することが好き」、この2つが観光バスガイドに必要な資質です。 仕事柄、バスでの移動中や観光案内など、就業時間中は、ほとんど立った状態での勤務になります。観光名所の案内や乗客からの質問や要望に応えて長時間喋るケースもあるほか、ツアーになると、宿泊の手配や案内も含めた業務をこなします。 上記のことから、観光バスガイドとして現場で働くには、体力が欠かせません。それに加えて、乗客と触れ合うことが好きで、楽しい旅になるように努めるホスピタリティがある人は、バスガイドに向いていると言えるでしょう。

「観光バスガイドの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧