フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性英会話教師の仕事内容

英会話教師の仕事内容

生徒の英語力アップをサポートする「英会話教師」になるためには?

英会話教師の仕事内容

英会話教師は、生徒の要望に沿った英語レッスンを行い、英語力が身に付くようにサポートする仕事です。パート、アルバイト、正社員と様々な勤務形態での求人があり、それによって仕事内容が異なります。 パートやアルバイトの場合は、生徒に英語を教えるための授業が主な業務です。カウンセリングで要望や問題点を洗い出し、それを踏まえたレッスンを計画します。そのほか、出欠状況や個人データを管理する業務なども行います。 正社員の場合は、上記の業務に加えて、勤務先の運営に関わる部分の仕事も担当する場合があります。教師の視点から、どうすれば生徒の力を伸ばせるのか、売り上げに繋がるのかといったことを検討・提案し、実践していくことが求められます。

英会話教師の求人特徴

社会のグローバル化が進み、英会話への関心が高まっている昨今、英会話教師の需要も増加傾向にあります。子供から大人まで幅広い層が通うようになり、今後さらなる需要増が見込まれます。 主な勤務先は、大手英会話スクール、地域に密着した個人スクール、派遣型のスクールなどです。なかでも大手英会話スクールの場合は、正社員やパート、アルバイトといったさまざまな勤務形態で募集がされていることが多いのが特徴です。知識さえ伴っていれば、未経験でも採用されるケースもあります。 個人スクールや派遣型スクールは、実務経験の有無が条件となるところが多いようです。

英会話教師に求められる人物像

英会話教師に求められるのは、人に分かりやすく伝える能力です。英語についての知識が豊富でも、それを生徒に伝えることができなければ教師としては成り立ちません。できるだけ噛み砕いて、誰でも理解できるように教えるスキルが必要です。 さらに、生徒の語学力の向上という目標に向かって、コツコツとステップアップしていく計画性も大切な資質です。目指すべき目的を明確にし、勉強を積み重ねていくなかで、生徒とともに歩むことができる人が求められています。

「英会話教師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧