フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性医療事務員の仕事内容

医療事務員の仕事内容

「医療事務」は医療施設の顔!仕事内容と目指し方をご紹介

医療事務員の仕事内容

医療事務は、受付、会計、レセプト(診療費の請求)や医療補助、医療施設における秘書業務などを行う仕事です。医療施設のサポート役であり、患者と医師、看護師を繋ぐ、いわば仲介役と呼ぶことができるでしょう。 具体的な仕事内容は、初診や再診の受付応対、保険証情報の整理、施設案内、医療費の計算や清算、カルテの準備、スケジュール管理など多岐にわたります。そのほか、入院環境が整っている施設では、ネームプレート作成やレントゲン整理などを行うこともあります。

医療事務員の求人特徴

医療事務は、医療施設に欠かすことができない存在です。パートやアルバイトでの勤務が可能であるため、女性を中心に競争率が高くなっています。働くにあたって特別な資格は必要ありませんが、専門知識が必要となる場面は多く、医療系資格の所持を条件としている求人もあります。 医療事務には国家資格がないかわりに、数々の民間資格が存在します。代表的なのは、「メディカルクラーク」と「診療報酬請求事務能力認定試験」です。これらは医療に関する基礎知識が問われるもので、医療事務への第一歩として取得する人が多い資格です。実務的な知識と技術が求められる資格もありますが、まずは上記のような基礎資格から目指すことをおすすめします。

医療事務員に求められる人物像

医療施設に入って患者が最初に言葉を交わすのは受付を担う医療事務スタッフです。施設の第一印象に直結するポジションであるため、患者に寄り添い、思いやりを持って接することができる人材が求められます。 また、患者から問い合わせや何らかの苦情などを受けた場合にも、ほかの患者へ迷惑がかからないように配慮しながら、穏便な対応で適切に対処できる柔軟性も必要になるでしょう。

「医療事務員の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧