フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性イタリア料理人の仕事内容

イタリア料理人の仕事内容

イタリアンのプロフェッショル「イタリア料理人」の仕事内容は?

イタリア料理人の仕事内容

イタリア料理人は、イタリアンを作るプロフェッショナルです。イタリアンには伝統的なコース料理があり、食前酒である「アペリティーヴォ」、チーズ・野菜などを使った前菜の「アンティパスト」、パスタや米を使った「プリモ・ピアット」、メインディッシュとなる肉や魚の料理「セコンド・ピアット」、デザートである「ドルチェ」から成ります。これらの料理において、料理人それぞれの個性を反映させた一皿を振る舞い、お客様の舌を楽しませることが主な仕事になります。

イタリア料理人の求人特徴

イタリア料理人になるには、ホテルやレストラン、イタリア料理専門店で修業を積む必要があります。未経験者が、はじめから料理を作ることは基本的になく、まずは目標とする料理人に付いたり、お店に入って、アシスタントとして働き始めるのが一般的です。ひとつずつ経験を積むことで、イタリア料理人としての道が開けるでしょう。 飲食店が増え、多様化している昨今、アシスタントの求人募集は増加傾向にあります。人気店になると競争率が高くなりますが、全体的なニーズは安定しています。実務経験が豊富な人は、最初から料理人として働くことも可能です。

イタリア料理人に求められる人物像

食に関する好奇心や探究心が、イタリア料理人に必要な資質です。料理人は、お客様に喜んでもらうことが一番の使命であるため、料理の出来やお客様の満足度に直結するこれらの要素は欠かせません。 そして、料理を食べることと、作ることの両方が好きであればなおよいでしょう。食と向き合う仕事は、「食が好き」という熱意がなければ務まりません。そして、より良い料理の提供のために、技術の向上を目指して絶えず努力していく姿勢も大切です。

「イタリア料理人の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧