フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性栄養士・管理栄養士の仕事内容

栄養士・管理栄養士の仕事内容

食から人々の健康を推進する「栄養士・管理栄養士」の仕事とは?

栄養士・管理栄養士の仕事内容

栄養士・管理栄養士は、人々の健康のために栄養指導を行う仕事です。栄養士と管理栄養士の専門範囲は共通するところもありますが、管理栄養士の方がより高度な業務を求められます。 栄養士は、健康な人を対象に、食事や調理法などのアドバイスを行います。学校給食のメニュー作成や、生活習慣病のカウンセリングも担当します。管理栄養士は、栄養士の業務に加え、医療や臨床の観点から傷病者に向けた栄養管理も行います。病院や福祉施設などで入院患者、利用者の食事メニューを作成するなど、栄養士よりもさらに広い業務を取り扱います。

栄養士・管理栄養士の求人特徴

近年、高齢化社会の進行や、生活習慣病患者の増加から、栄養士や管理栄養士の需要が高まっています。求人情報は、求人ポータルサイトや求人雑誌、医療関連施設のホームページなどを参考にすると良いでしょう。 主な勤務先は、病院や医療・福祉施設、保健所になります。また、食品メーカーや研究所、学校や給食センター、スポーツジムなども、安定した求人情報があります。それぞれ勤務先によって、業務内容が異なるため、自分がどのように働きたいのかを明確にしておくことをおすすめします。 また、栄養士・管理栄養士になるには、それぞれの専門資格が必要です。どちらも国家資格であり、養成学校の卒業や、国家試験の合格が条件となるので、あらかじめ確認しておきましょう。

栄養士・管理栄養士に求められる人物像

栄養士・管理栄養士は、徐々に変化していく人々の生活習慣に対応するため、生涯にわたって勉強を続ける必要があります。現状に満足しない向上心のある人が向いているでしょう。 また、健康を推進する立場であることから、本人が健康でなくてはなりません。自己管理をきちんと行うことも必要です。これらは、信頼性、説得力を持つために欠かせない資質と言えます。

「栄養士・管理栄養士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧