フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性クレーン・デリック運転士の仕事内容

クレーン・デリック運転士の仕事内容

工事現場になくてはならない「クレーン・デリック運転士」の仕事とは?

クレーン・デリック運転士の仕事内容

クレーン・デリック運転士は、工事現場や建設現場などで移動式のクレーンやデリックを操作し、資材を運んだり鉄骨を組み立てたりする仕事です。 一口にクレーンと言っても、天井クレーン、ジブクレーン、トラッククレーンなどさまざまな種類があり、クレーン・デリック運転士はそのなかでも、つり上げ荷重が5トン以上のクレーンを運転します。運転には高い技術が求められ、細やかな作業をミスなく正確に行わなければなりません。 また、現場のリスクを軽減するためにも、ほかの作業者との打ち合わせや、作業計画の確認も行います。

クレーン・デリック運転士の求人特徴

クレーン・デリック運転士として働くには、労働安全衛生法に基づき、国家資格を取得する必要があります。受験資格は特に設けられておらず、誰でも受験可能ですが、専門的な知識や高い技術が求められるため、現場で経験を積んだ上で試験に臨む人が多いようです。ただ、取得できれば、大きなアピールポイントとなり、未経験者でも採用に繋がる可能性があります。 主な就職先は、建築事務所や土木関係の会社、港湾などです。ほかには、運輸、製造関連の企業や工場といった勤務先があります。

クレーン・デリック運転士に求められる人物像

クレーン操作は、一歩間違えば大事故になりかねません。そのため、クレーン・デリック運転士には、責任感が必要です。吊荷に異常はないか、周辺に危険はないかをきちんと判断し、正確な仕事をこなせる人に向いています。 また、現場では一人で作業を進めるわけではありません。ほかの方々との連携を取りながら作業を進めるので、協調性のある人が望まれます。

「クレーン・デリック運転士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧