フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ファッションアドバイザーの仕事内容

ファッションアドバイザーの仕事内容

ファッションのプロ「ファッションアドバイザー」のなり方は?

ファッションアドバイザーの仕事内容

ファッションアドバイザーは、主にアパレルの小売店、デパートなどの店頭において、お客様に合ったファッションコーディネートを提案する仕事です。お客様の希望や好みに合わせた最適な品物を選び、アドバイスを行います。また基本的には、自ら自社ブランドのコーディネートを着て店頭に立つことで、お客様の購買意欲を刺激し、販売に繋がるように努めます。 そのほか、レジ打ちや品出し、発注、搬入などの仕事も行います。店内の掃除や売り上げの集計を行うこともあり、業務範囲は多岐にわたります。

ファッションアドバイザーの求人特徴

ファッションに対する姿勢が多様化した昨今、ファッションアドバイザーの需要は増加しており、求人情報も充実しています。主な勤務先は、路面店やモール内店舗などのアパレルショップです。 一般的には、ファンションアドバイザーとして経験を積み、店長や専門職といった役職へとキャリアアップをしていきます。ファッションアドバイザーになるための必須の資格はありませんが、「ファッション販売能力検定」や、「ファッションビジネス能力検定」などの資格を取得しておくと、就職が有利になる場合があります。

ファッションアドバイザーに求められる人物像

ファッションアドバイザーは、接客業が中心のため、コミュニケーション能力は必須です。お客様に自ら積極的に話しかけることができる人が求められます。お客様のご要望を瞬時に理解し、最適な商品を提案できる判断力や観察力も必要です。こうして顧客と直に接することから得た気付きを、ショップオーナーやマーチャンダイザーへ的確にフィードバックしていくことも重要な仕事のひとつです。 また、基本的に立ち仕事であり、長時間立ち続けることも少なくありませんので、体力に自信のある人はなお良いでしょう。

「ファッションアドバイザーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧