フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

患者の体をほぐす「あん摩マッサージ指圧師」のなり方は?

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

あん摩マッサージ指圧師は、患者の肩こり、腰痛などの症状を、「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの技術を使って改善する仕事です。道具や専門器具などは一切用いることなく、全て自らの「手」のみを使って施術します。人間の自然治癒力を引き出し、免疫力を高める目的があります。 具体的な仕事内容は、患者への問診からはじまります。症状や体調によって検査法や施術の内容を提案し、実際の施術に移ります。そして揉む、押す、さするなどの手技を使い、血行改善を促して痛みやコリなどの不調を和らげることで、健康の増進へと導きます。

あん摩マッサージ指圧師の求人特徴

あん摩マッサージ指圧師になるには、国家資格である「あん摩マッサージ指圧師免許」を取得しなくてはなりません。取得には、専門の教育機関で3年以上の勉強と、試験の合格が必要です。また、試験科目の多くが重複していることから、同時に「はり師」と「きゅう師」の試験を受ける人も多く、3つすべての資格を取った人は「鍼灸マッサージ師」もしくは「三療師」と呼ばれ、就職にも有利にはたらくケースがあります。 あん摩マッサージ指圧師の資格取得者は開業権を得るため、就職後は2〜3年間経験を積んだ後、独立を目指す人が多いようです。主な就職先として、治療院やマッサージ店、病院、介護施設などで働くことができます。近年は、高齢化社会を迎え、福祉施設の需要が増加しているため、選択肢の一つとして考えてみると良いかもしれません。

あん摩マッサージ指圧師に求められる人物像

あん摩マッサージ指圧師は、患者の体に直接触れるため、コミュニケーション能力は必須の資質です。施術時間も、ほかのマッサージに比べて長いので、会話を楽しめる人が向いているでしょう。相手の反応から、痛がっているかどうかなどを察知できる感覚も大切な資質です。 また、知識はもちろん、実践を重ねて得る実務経験が重要な仕事ですので、向上心が高く勉強熱心な人が望まれます。自身の技術を常に磨き、お客様のために働ける人材は、どの職場でも重宝されるでしょう。

「あん摩マッサージ指圧師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧