フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性テキスタイルデザイナーの仕事内容

テキスタイルデザイナーの仕事内容

生地製作のスペシャリスト「テキスタイルデザイナー」の仕事とは?

テキスタイルデザイナーの仕事内容

テキスタイルデザイナーは、洋服やバッグ、カーテンなどに使われる生地のデザイン、染色をする仕事です。具体的には、ファッションデザイナーが作成した図案をもとに、使う布地の素材や糸を選定したり、加工方法を決めたりします。染色方法や織り方、表面加工などを予算や納期とすり合わせて決定し、生地を製作する作業もあります。 また、自らプリント染色用の布地の柄や模様をデザインすることも少なくありません。使う用途や目的に合わせた最適な生地を、企画から製造までの全工程を手掛けます。

テキスタイルデザイナーの求人特徴

現代は、価値観やライフスタイルが多様化しており、ファッションやインテリアにはより個性的で特徴的なデザインが求められるようになりました。この傾向と比例して、テキスタイルデザイナーの需要も高まりつつあります。 主な就職先は、アパレルメーカーやインテリアメーカー、デパートの繊維部門、またはデザイン事務所などです。テキスタイルデザイナーになるための必須資格はありませんが、専門的な知識が要求されるため、スクールで知識を深めるか、コンペやデザイン業の実績を積むことが必要です。また、「テキスタイルアドバイザー」などの資格を取得すると就職が有利になるでしょう。

テキスタイルデザイナーに求められる人物像

デザインには流行があるため、テキスタイルデザイナーは、常にアンテナを張って、トレンドに敏感でなくてはなりません。好奇心旺盛な人や、新しいものが好きな人に向いているでしょう。消費者にどのようなニーズがあるかを調査し、的確に把握できる人が望まれます。 また、デザインの発案だけでなく、クライアントの依頼を的確に実現する判断力や計画性なども大切な適性です。

「テキスタイルデザイナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧