フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ブライダルコーディネーターの仕事内容

ブライダルコーディネーターの仕事内容

幸せな結婚式を演出する「ブライダルコーディネーター」のなり方は?

ブライダルコーディネーターの仕事内容

ブライダルコーディネーターは、結婚式を検討するお客様の理想的な式を実現するために、アドバイスやプランニングなどのトータルサポートをする仕事です。 まずは結婚式場の見学に訪れたお客さまに会場の案内をしながら、ここでどのような式を挙げることができるのか提案・営業をします。 いくつもの式場を回って比較検討する中で、自社で式を挙げてもらえるように、予算や状況に応じて魅力的なプランを提案します。 お客様との打ち合わせを重ね、式場や会場の予約、ドレスの衣装合わせやリハーサルの進行、式当日のアテンドなどを担います。 また、招待状のデザインや披露宴時の料理の案内、引き出物のセレクトなど、結婚式・披露宴に関わる全ての手配も仕事の一つです。このように、ブライダルコーディネーターは、新郎新婦の思い出に残るような結婚式を作りあげるうえで、大切な役割を果たしています。

ブライダルコーディネーターの求人特徴

ブライダルコーディネーターは、華やかなイメージと、お客様の幸せを作り上げるという魅力があり、人気の高い職業ですが、求人ニーズは比較的安定しているため、チャンスは大いにあります。求人情報は、求人ポータルサイトや公共職業安定所などで探すことができます。 ブライダルコーディネーターになるために必須となる資格はなく、未経験者でも就職することは可能です。認定資格である「アシスタントブライダルコーディネーター」や「ブライダルプランナー検定」などを取得するか、ブライダルスクールで基本を学んでおくと、就職の際に有利になるケースもあるでしょう。主な就職先は、結婚式場やホテルのブライダル部門、もしくはウエディングプロデュース会社です。

ブライダルコーディネーターに求められる人物像

結婚式は、お客様にとって一生に一度の大イベントです。そのような大切な日を演出するブライダルコーディネーターには、お客様の最高の思い出のために尽力できる人、さまざまな事態にすぐに対応できる判断力のある人が向いています。それぞれのお客様の理想の結婚式のイメージに寄り添い、最適なプランを提案できるプレゼン能力も大切です。また、同時に複数のお客様を担当することも多いため、スケジュール管理が得意であるとなお良いでしょう。

「ブライダルコーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧