フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性マンション管理人の仕事内容

マンション管理人の仕事内容

定年後の職としても人気な「マンション管理人」ってどんな仕事?

マンション管理人の仕事内容

マンション管理人は、マンション運営に関わる全般を管理する仕事です。大別すると、受付業務、設備の維持管理、立ち合い業務、居住者への応対、日報記録などの業務があり、居住者が住みやすい環境を作る上で、大切な役割を果たしています。 具体的な仕事内容は、エントランスやゴミ置き場の掃除、植木の水やり、窓口での応対、照明器具の確認などの設備点検、管理会社への報告、日誌やパソコンへの記録などです。 中小規模のマンションでは平日に上記の業務を行います。大規模のマンションでは管理人とは別に専門業者と契約していることが多いため、業務や勤務日が制限されるケースもあります。

マンション管理人の求人特徴

マンション管理人の仕事内容

マンションの数だけ管理人は必要であることから、マンションの建設が多くなっている昨今、マンション管理人の求人ニーズは安定しており、ハローワークや求人サイト、新聞の求人広告欄などで探すことができます。管理会社の契約社員や嘱託社員、または派遣としての募集が一般的です。 マンション管理人になるために特別な資格は必要ありませんが、マンション管理適正化法に基づいた国家資格である「マンション管理士」の資格が存在します。求人によっては、就職が有利になる場合もあります。

マンション管理人に求められる人物像

マンション管理人は、マンションの居住者はもちろん、さまざまな業者と接する機会が多いため、誰とでもスムーズにコミュニケーションが取れる人が望まれます。ときには居住者から、住居環境に関する相談を受けることもあります。親身になって誠実に対応する姿勢が大切です。予期せぬトラブルへの対処も、コミュニケーション次第で、状況は大きく変わります。 また、管理人という立場上、責任感も問われます。細部にわたる管理を、正確にこなすことのできる人物が求められるでしょう。特に中小規模のマンションであれば、ほとんど一人で業務をこなすため、この傾向はより顕著です。

「マンション管理人の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧