フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性パン職人の仕事内容

パン職人の仕事内容

パン作りのプロ「パン職人」の仕事内容となり方

パン職人の仕事内容

パン職人は、パンの種類や原材料、製造工程などの専門知識を有する、パン作りの専門家です。主に製造を担当し、店舗の味を決める大きな役割を果たしています。 材料の計量、仕込み、発酵、成形を経て焼成、仕上げといった一連の作業を担います。 また、使用する食材の仕入れやレシピ作り、新たなメニュー開発もパン職人の仕事です。個人経営の店舗の場合は、資金運用や店舗管理、お店の掃除やお客様への接客などを行う場合もあります。

パン職人の求人特徴

パン職人になるための特別な資格はありません。一般的には、製パン関連の専門学校で技術を学ぶか、スタッフとして店舗で修行をしたのちに、パン職人として働きはじめます。 国家資格にパン作りの技術レベルを証明する「パン製造技能士」という資格があるので、こちらの取得を目指すのも一つの道です。取得すれば、就職の際のアピールポイントになります。資格は、勤務をしながらの取得も可能であるため、修業を続けながら目指すのも良いでしょう。 主な就職先は、ホテルやレストランのベーカリー部門、パンメーカーや個人店舗です。近年、パンの需要は高く、常に一定の求人があります。就職先で修行を重ね、さまざまなパンの製造技術や経営のノウハウを身に付け、将来的には個人での開業を目指す人が多いようです。

パン職人に求められる人物像

パン職人は、朝が早く、立ち仕事も多いため、ある程度の体力が求められます。重いものを運んだり、材料をこねたりもするので、腕力も必要でしょう。 また、新メニューの開発に取り組組むことが求められるため、アイデア力や発想力、トレンドに敏感であることは、重要な資質だといえます。 さらに、どうすれば美味しいパンが作れるか、常に試行錯誤を重ねて追及していく姿勢も大切です。食べることが好きで、あれこれと試すことが苦にならない人に向いています。

「パン職人の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧