フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スポーツ栄養士の仕事内容

スポーツ栄養士の仕事内容

スポーツ選手の力を最大限に引き出すサポート役「スポーツ栄養士」ってどんな仕事?

スポーツ栄養士の仕事内容

スポーツ栄養士は、スポーツ選手の栄養面を管理し、最大限の力を発揮できるようにサポートするのが主な仕事です。具体的には、スポーツ選手のコンディションや生活スタイルを把握し、最適な食事を提供したり、食事方法を指導したりします。ときにはサプリメントを使い、体力や筋力の維持を促すこともあります。プロ野球選手やプロサッカー選手には、専属のスポーツ栄養士が付くケースも少なくありません。 また、スポーツジムやフィットネスクラブで栄養指導を行うこともあります。運動量に合わせた水分補給の方法や、その人に合った食事内容などをアドバイスします。

スポーツ栄養士の求人特徴

管理栄養士や栄養士の資格を取得した人がスポーツ分野に携わることで、スポーツ栄養士と呼ばれるようになります。そのため、管理栄養士や栄養士の資格取得は必須です。特に管理栄養士の資格を取得しておくと、病状や体質などを考慮した栄養指導を行えるため、就職に有利です。 ほかの業種に比べると、求人数は少ない傾向にあり、なかでも、スポーツ選手に付いて働くには、信頼を得られるだけの経験と実績を積み重ねることが必要です。栄養学だけでなく、スポーツに関するケガや病気の知識も求められるため、最初は病院などで経験を積む人が多いようです。

スポーツ栄養士に求められる人物像

スポーツ栄養士は、運動をする人を支え、より良い結果を出すためにサポートする立場にあります。誰かを支えたいという気持ちはもちろん、結果を出す重要性を理解している人、向上心がある人でなくてはなりません。 また、スポーツ選手のプライベートに深く立ち入ることになることもあるため、人と接することが好きな人や、相手の気持ちを察することができる人が望まれます。

「スポーツ栄養士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧