フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性クリーニング店の仕事内容

クリーニング店の仕事内容

衣類ケアのプロ「クリーニング店」の仕事とは?

クリーニング店の仕事内容

クリーニング店の仕事は、お客様が持ち込んだ衣類や皮革製品、シーツやじゅうたんなどを、専門技術を用いて美しくすることです。店舗内でクリーニング業務を行う店舗と、クリーニング所への取り次ぎのみを行う店舗があります。 店舗内でクリーニングを行う場合、主な仕事内容は洗濯になります。受付でお客様の衣類を預かり、素材や汚れの程度を確認、ドライクリーニングや水洗機など適切な洗濯方法に分類し、クリーニング、シミ抜きなどの作業を行います。次いでプレス機にかけたり、アイロンや補修を施した上で、最後に仕上がった衣類を引き渡し用に包装して完了です。

クリーニング店の求人特徴

全国のクリーニング店の総数は、コンビニの3倍もあるといわれています。その分、求人の数は豊富で、求人サイトや情報誌などで比較的容易に見つけることができます。ただ、クリーニング業界は個人経営が約7割を占め、さらに従業員数10人未満の店舗が、そのうちの大多数を占めるという特徴があります。 クリーニング業界での就職を考える場合には、各都道府県が交付する公的資格である「クリーニング師」を取得しておくと、就職に有利に働くこともあるでしょう。クリーニング業法に基づき、クリーニング店には1人以上のクリーニング師の設置が規定されています。また、資格所持者は将来的に、独立も視野に入れることができます。

クリーニング店に求められる人物像

クリーニング店は、お客様の持ち物を美しくする仕事です。持っている技術を駆使し、なるべく良い状態に仕上げるためには、お客様へのサービス精神が必要となります。要望をしっかり反映させるためにも、お客様とコミュニケーションを取る能力も必須でしょう。 また、持ち込まれた衣類の汚れをきちんと確認し、クリーニング等で対応できること、できないことを迅速に見分けられるだけの知識と判断力も重要な資質です。

「クリーニング店の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧