フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性カラーセラピストの仕事内容

カラーセラピストの仕事内容

色を使って癒しを与える「カラーセラピスト」の仕事とは?

カラーセラピストの仕事内容

カラーセラピストは、色彩が持つ心理的効果を理解し、色を使ってお客様に合った癒やしを提供する「カラーセラピー」を行う仕事です。カラーセラピーとは、選んだ色によって心理分析を行い、心身の快調を促す手法を指します。 セラピーは、まずカウンセリングからはじまります。悩みや相談を聞きながら、その人の色に対する感じ方や心理をまとめ、最も精神的に落ち着き、望む効果を得られる色を導き出します。色を導いたあとは、色の使い方や生活に取り入れる方法をアドバイスし、ストレスを軽減したり、やる気を引き出したりする心理療法を施します。

カラーセラピストの求人特徴

日本ではセラピストの職域はまだあまり確立しておらず、カラーセラピーの仕事に関しても、就職できる会社がほとんどないというのが現状です。 カラーセラピーの資格には、オーラソーマやオーラライトなどの資格や、ぬり絵などを使ったアートセラピーといった資格があります。いずれの資格も取得したからといって、仕事を得たり、就職に有利になったりするという類の資格ではありませんが、特定の団体やスクールが認定している資格を取得することで、そのだんたいおよびスクールが開発したツールを使えるようになるというメリットがあります。各種カラーセラピーの資格を取得すれば、体系化されたカラーシステムを使って、サロンを開いたり、講座を開講してセラピストを育成したりといったことが可能になります。

カラーセラピストに求められる人物像

カラーセラピーは、色を選ぶだけで完結するものではありません。お客様と対話をしながらリラックスしてもらうこともカラーセラピストの仕事になるため、コミュニケーション能力は必要不可欠です。親身になってお客様の対応ができる人や、お客様の話を自然と引き出せる人が求められます。柔らかい印象や暖かい印象を与えることができる、人当たりが良く穏やかな性格の人に向いていると言えるでしょう。 また、会話をしながらもお客様の様子を冷静に判断できる観察力や、的確なアドバイスを行う判断力も重要な適性のひとつです。

「カラーセラピストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧