フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ラウンダーの仕事内容

ラウンダーの仕事内容

売り場を回る「ラウンダー」ってどんな仕事?

ラウンダーの仕事内容

ラウンダーは、別名「巡回営業スタッフ」とも呼ばれる仕事です。営業といっても新規契約を取るのではなく、既に契約・取引をしている店舗の売り上げに貢献することが特徴です。各エリアにおける複数の売り場を定期的に巡回し、ヒアリングやアドバイスを行って取扱い製品の売り上げや、店舗の生産性をアップさせることを目的とします。 具体的な仕事内容は、展開している商品に不便や要望はないかといった担当店舗へのヒアリング、商品の陳列状況やプロモーション方法の確認・アドバイス、販促に関するイベントの企画立案、追加の受注や新しいサービスの紹介など、多岐にわたります。ときには自ら売り場に立つこともあり、さまざまな面からメーカーと店舗の橋渡しとなるのがラウンダーという職業です。

ラウンダーの求人特徴

ラウンダーになるために必要な資格は特になく、仕事を通して身に付けるスキルが重要となるため、未経験者でも採用される場合が多いでしょう。求人情報は、求人サイトや求人情報誌などで見つけることができます。 基本的には派遣やアルバイトといった形態の求人が多く、ほとんどの場合はメーカー側に派遣される形で仕事に就くことになるでしょう。ただ、「紹介予定派遣」ならばそのまま正社員登用されることもあります。主な就職先は、製造やアパレルなどの各メーカーやIT業界、医療関係、通信業界など多岐にわたります。

ラウンダーに求められる人物像

ラウンダーにとって、非常に重要なのは対人スキルです。一日に何人もの店舗の担当者とマーケティングについて話をすることになるため、人と話すことが好きな人、どんな相手とでも円滑に会話を行うことができる柔軟性や対応力のある人が向いている職業です。また、丸一日歩き通しのことも多いため、体力に自信があれば、より望ましいでしょう。 さらに、商品の売り上げをアップさせるために、適切なアドバイスができる観察力や判断力、問題を見つけ出して解決する力、イベントを企画するプレゼンテーション能力も求められます。

「ラウンダーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧