フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性マーチャンダイザーの仕事内容

マーチャンダイザーの仕事内容

商品企画の責任者「マーチャンダイザー」ってどんな仕事?

マーチャンダイザーの仕事内容

マーチャンダイザーとは、主にアパレルメーカーや百貨店などで活躍する、マーケティングの責任者のことを指します。市場動向やトレンドを読み、「売れる商品」を作り出し、開発から販売までトータルでプロデュースすることが仕事であり、流行の仕掛け人となることも多い職業です。 主な仕事内容は、情報収集や商品企画の立案、販売戦略の計画、予算管理などです。何をどれだけ仕入れ、どの層をターゲットにいくらで販売し、リリース時期はいつにするかなどをデータに基づいて総合的に判断します。場合によってはバイヤーから直接仕入れを行ったり、自ら販売促進活動を行ったりすることもあるなど、仕事の範囲は多岐に渡ります。情報収集能力をはじめ、感性や積極性、営業手腕も求められる仕事と言えます。

マーチャンダイザーの求人特徴

マーチャンダイザーになるために必要となる資格は特にありませんが、その代わりに経験が何よりも重要となります。その特性上、総合職や開発部などで経験を積んでから配属されるのが一般的です。未経験者を対象とした募集は少なく、新卒者ならばまずは希望の会社や興味のある企業に入社して、さまざまな経験を積むことからスタートします。 中途採用の場合は、マーケティングや流通に関する知識、語学力などがあれば、マーチャンダイザーとして採用される可能性もあるでしょう。ただし、企業の業種、取り扱う商品によって求められるスキルが異なるため、事前に調査をしておくことが大切です。

マーチャンダイザーに求められる人物像

マーチャンダイザーとして活躍するためには、時代を読む力が必要になります。トレンドに敏感な人や、新しい物に興味がある人、率先して情報収集ができる人が向いているでしょう。 また、商品を売り出す時期が少しずれるだけで、企業が大損をしてしまう可能性もあるため、データや情報を分析し、冷静に判断する力がマーチャンダイザーには求められます。

「マーチャンダイザーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧