フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手の仕事内容

転職先としても人気の「タクシー運転手」のなり方や求人状況は?

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手の仕事は、お客様をタクシーに乗せて、目的地まで安全に送り届けることです。 会社の方針によっても異なりますが、基本的にお客様を探す方法は乗務員自身で考えて行うケースが多いでしょう。空車の状態で街中を走る「流し」と呼ばれる方法や、駅やイベント会場などのタクシー乗り場でお客様を待つ方法など、手段はさまざまです。また、お客様を乗せたあとは乗務記録をつけたり、営業所に戻って報告を行ったりします。 乗務以外にも、乗車するタクシーの点検や車内清掃などの車の管理全般もタクシー運転手の大切な仕事です。

タクシー運転手の求人特徴

タクシー運転手として働くには、「普通自動車第二種免許」が必要となります。事前に取得しておくと即戦力として重宝されますが、勤務先が免許取得をサポートしてくれるケースもあるため、就職の際の必須条件ではありません。応募前に確認しておくと、就職先の選択肢が広がるでしょう。 タクシー業界は常に一定のニーズがあります。求人を探すうえで、比較的チャンスが多い職業といえます。

タクシー運転手に求められる人物像

タクシー運転手は体力が問われる仕事です。勤務形態が特殊であり、2日(休憩時間も入れて20時間)働いて1日休みというシフトの会社が多いため、心身共にタフな人に向いているでしょう。常に安全運転を心がけなくてはいけないため、集中力や冷静さ、判断力も重要な適性になります。 また、タクシー運転手は接客業であるため、お客様に快適な空間を提供するためのコミュニケーション力や、人当たりのよさも大切です。ビジネスシーンの国際化や外国人観光客への対応として、英語をはじめとする外国語を習得していると、ハイヤー運転手などへのキャリアアップを図る上で有利になります。

「タクシー運転手の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧