フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事内容

設計者の右腕となる「CADオペレーター」ってどんな仕事?

CADオペレーターの仕事内容

「CAD」とは、あらゆる分野で活用可能な、パソコン用の製図ソフトのことです。CADオペレーターは、このソフトを使用して、建築士やデザイナーが作った設計図を正確な図面に仕上げたり、変更点・修正点を反映したりする仕事です。 設計図を必要とする分野は幅広くあり、住宅や建物の設計図を描く建築業界、自動車や機械の設計図を描く製造業界、電化製品の設計図を担う電器メーカーなど、あらゆる業界で活躍することができるでしょう。各業界によって、求められる図面のタイプや構成は異なるため、たとえば建築業界の場合、家を一軒建てる場合に必要な設計図は、100枚単位になることも少なくありません。 CADオペレーターは、基本的に設計者の指示に従って、アシスタントに近い作業をすることになりますが、この設計図を基に建物や商品が完成することになるため、ミスのない、精度の高い仕事を求められる大切な役割です。

CADオペレーターの求人特徴

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの求人は、幅広い分野から出されており、主な就職先としては、住宅メーカーや自動車メーカー、建設会社や設計事務所、アパレル企業など挙げられます。 ものづくりにおいて、設計図、そしてCADは欠かせない存在です。それを扱うCADオペレーターの仕事がなくなることは現状では考えにくく、安定したニーズがあります。ただし、近年では設計図を描く建築士や、デザイナー自身がCADを扱えることも多いため、CADオペレーターは、より専門的な知識を問われるようになりつつあるといえるでしょう。 各業種によって仕事の内容は全く異なるため、住宅系ならインテリアの知識、工業系なら機械の知識など、業種に沿った専門知識を身に付けていると、採用につながりやすくなります。また、CADオペレーターになるために必須の資格はありませんが、さまざまな公的資格・民間資格を取得しておくと自らのスキルをアピールすることができ、就職先の選択肢が広がります。

CADオペレーターに求められる人物像

CADオペレーターは、基本的にはパソコンに向かって仕事をしますが、設計者とのやり取りが必須となるため、コミュニケーションがスムーズに取れる人が求められます。分からないことはきちんと聞いて明確にし、設計者の意図をしっかりと汲み取っていくことが大切です。 また、指示を正確に反映させる几帳面さや、設けられた期限までに確実に仕事を終わらせる計画性と着実性、そしてスピードも必要となるでしょう。CADオペレーターは、コツコツと着実に仕事を進めることができる人が向いている職業といえます。

「CADオペレーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧