フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事内容

美容のスペシャリスト「エステティシャン」の仕事内容となりかたは?

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事は、若く美しくありたいと願うお客様に、お肌のケアやトリートメントを提供することです。全身美容のことを「エステティック」と呼び、エステティシャンは専門的な技術や機械を用いて、お客様にエステティックを行います。 エステティックの内容は、「カウンセリング」「フェイシャルケア」「ボディケア」「脱毛」の4つに分けられます。全てを行うサロンもあれば、一部の分野に特化しているサロンもあり、行う業務は勤務先によって異なります。 まず、カウンセリングでは、お客様のお悩みをヒアリングします。体質や年齢に応じて施術の内容を決め、場合によっては化粧品やケア用品のアドバイスを行います。 フェイシャルケアは、顔のお手入れのことです。小顔ケア、美白ケア、ニキビの改善やシワの軽減などを行います。手を使ったマッサージの他、パックやマスクなども使用します。 ボディケアは、主にプロポーションに関わるケアです。手を使って行う痩身マッサージや、機械を使って行う脂肪除去などを施します。 そして脱毛は、専用の機械やワックスを使用して、気になる部分のムダ毛を除去する施術です。脇をはじめとする体の一部分のみの場合もあれば、全身に施す場合もあります。

エステティシャンの求人特徴

エステティシャンの仕事内容

今や美容は、性別を問わず注目を集めるトピックであり、エステサロンに対する需要は高まってきています。それに伴い、エステティシャンの求人も安定しつつあるでしょう。主な就職先は、やはりエステティックサロンが中心ですが、ブライダルサロンやホテル、理美容室や医療機関などで募集している場合もあります。 エステティシャンには国家資格がないため、就職の際に特定の資格が必要というわけではありません。ただ、民間の認定資格は存在するため、スキルの証明として取得すると有利になるでしょう。また、多くの場合はスクールや専門学校などで専門知識を身に付けてから就職活動をしますが、OJT教育が確立されているサロンならば、未経験者を採用するケースもあります。

エステティシャンに求められる人物像

エステティシャンは、美容に興味があることはもちろん、高い向上心を持つことが求められます。美容業界は常に進歩しており、新しい技術や新しい化粧品が次々に登場するため、それらの情報をキャッチアップして、学び続ける姿勢が必要です。自分の現在の技術に満足することなく、さらに実力を磨いていきたいと考えることができる人に向いている職業であるといえるでしょう。 また、基本的にエステティシャンの仕事は接客業であり、コミュニケーション能力は必須条件です。施術中にもお客様との会話を楽しめる人や、流行やファッションにも敏感で、有益な情報を提供できる人などが重宝されます。

「エステティシャンの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧