フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの仕事内容

高齢者や障がい者の生活を支える「ホームヘルパー」の仕事とは?

ホームヘルパーの仕事内容

一般的に「ホームヘルパー」や「ヘルパー」と呼ばれることも多いですが、「訪問介護員」がホームヘルパーの正式名称です。ホームヘルパーの仕事は、介護が必要な高齢者や障がい者の方の自宅に訪問し、生活を手助けするサービスを行うことです。具体的な仕事内容としては、「身体介護」と「生活援助」の二種類に分けられます。 身体介護は、要介護者の食事や排泄、入浴、衣服着脱などの介助を行うことです。車椅子を使う移動の手助けや、寝ている方の体位交換も身体介護にあたります。 生活援助は洗濯や掃除、料理といった家事の支援であり、食材や生活必需品の買い出しなども行います。単に家事を代行するだけでなく、利用者と一緒に協力して行うケースも多いです。 利用者の状態や都合によってサービスの内容が異なるため、週に数回・数時間程度利用者宅に滞在する場合や、24時間体制で勤務する場合などがあります。

ホームヘルパーの求人特徴

ホームヘルパーの仕事内容

高齢化が進む現代において、ホームヘルパーは今後ますますニーズが高まっている職種といえます。ただ、現状では、非常勤職員としてホームヘルパーの仕事をしている人も少なくありません。正社員での雇用を目指すなら、まずは資格を取得することが近道となるでしょう。ホームヘルパーには、「介護職員初任者研修課程」と「実務者研修」という二種類の資格があり、それぞれに特色があります。 介護職員初任者研修課程は、以前まで「ヘルパー2級」と呼ばれていた資格に相当します。カリキュラムに沿って講義と演習を受け、介護における基礎知識や基本的な技術を身につけたことを証明する資格です。 一方、実務者研修は、以前まで「ヘルパー1級」と呼ばれていた資格に相当します。受講自体は誰でもできますが、より専門性が高く、国家資格を受験する必要があります。取得することで、訪問介護のリーダーである「サービス提供責任者」というポジションに就くことができるため、就職にも有利に働くでしょう。

ホームヘルパーに求められる人物像

ホームヘルパーに求められるのは、思いやりを持って利用者と接することができる心です。介護の現場において、良かれと思ってした行動でも、利用者にとっては苦痛に感じるケースがあるかもしれません。サービスを提供する側の自己満足になってしまうことがないように、親身になって、相手が何を望んでいるのかを汲み取る感受性や、コミュニケーション能力が必要となるでしょう。 また、利用者の身体の状態や性格、状況によって最適なサービスは異なるため、些細な変化を見逃さない観察力や、トラブルが起こったときにすぐに対応できる判断力、冷静さも重要な適性と言えます。

「ホームヘルパーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧