フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事内容

荷物を目的地まで運ぶ「トラック運転手」の仕事内容となりかたは?

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事は、トラックで荷物を配送することです。一口に「トラック運転手」と言っても「大型トラック」「中型トラック」「小型トラック」「軽貨物配送」などさまざまな種類があり、トラックの大きさや扱う荷物、集配先が変わります。大型トラックは長距離の運送を、小型トラックは事業所近隣のルート配送を担当する傾向にあります。また、軽貨物配送のトラックの場合は、荷物の大きさと重量の上限が決まっているため、女性が勤めていることも珍しくありません。 いずれにしても、具体的な仕事内容は基本的には同じです。荷物の荷揚げから始まり、トラックを運転して荷物を目的地に運ぶのが主な役目となります。到着後は荷卸しをし、仕分け作業や伝票のチェック作業を行います。場合によってはフォークリフトを使って荷揚げ・荷卸しをすることもあるでしょう。また、担当エリアの企業に営業をかけ、仕事を獲得することもトラック運転手の仕事に入ります。

トラック運転手の求人特徴

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の主な就職先は、運送会社です。インターネット通販の普及などにより、物流業界は需要の高い業界であるため、常に運転手には一定のニーズがあります。また、人材派遣会社に登録して、各企業に派遣されて勤務するケースもあります。 トラック運転手になるためには、当然運転免許が必要不可欠です。大型トラックや中型トラックの運転には、それぞれ大型自動車免許や中型自動車免許が必要となります。求人応募前によく確認し、扱っているトラックに合わせた免許を取得しておくとよいでしょう。フォークリフトの免許を取得しておくと、さらに重宝される場合があります。 就職後に各種免許の取得をサポートしてくれる制度が整った企業もあるので、そういった点もあらかじめ調べて、自分に合った応募先を選ぶことをおすすめします。

トラック運転手に求められる人物像

トラック運転手は、お客様の大切な荷物を預かる仕事であるため、交通ルールに従った安全運転を行い、きちんと荷物を送り届けることが求められます。そのため、集中力や冷静さ、判断力が大切になります。真面目かつ、確実に物事に取り組める人が向いている職業といえるでしょう。 また、重い荷物や大きな荷物の上げ下ろしを行うことができる体力や腕力、長時間運転席に座っていても平気でいられる身体的なタフさも重要な適性です。 さらに、運転手は一人の時間が多いように思われますが、お客様や同業者と話す機会も少なくありません。また、近年では営業力も求められることから、コミュニケーション能力があると、なお望ましいでしょう。

「トラック運転手の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧