フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストの仕事内容

香りと癒しのプロ「アロマセラピスト」の仕事と求人条件は?

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストの仕事は、花やハーブから抽出したエッセンシャルオイルを使うリラクゼーション法「アロマテラピー」を用いて、お客様に癒しを与えることです。お客様に合ったオイルを調合し、心身ともにリラックスした状態を作り出して、相談に応じたアドバイスを行います。 具体的な仕事内容は、サロンに訪れたお客様をカウンセリングし、体調や症状をカルテにまとめる作業からはじまります。次にオイルを調合し、お客様に合ったトリートメントオイルを作成します。そのオイルを使用して、ボディやフェイシャルにトリートメントマッサージを行うのが一連の流れになります。また、自宅でできるアロマテラピーのアドバイスや、サロンで販売している商品の販売促進を行うことも大切な仕事です。 まずは、このような実践業務を行うことは少なく、使用したタオルの洗濯や、サロンの掃除などからスタートするケースが多いようです。これらの仕事が確実にできるようになると、アシスタント業務に移り、実際の施術に携わるようになります。

アロマセラピストの求人特徴

アロマセラピストの仕事内容

ストレス社会と呼ばれる現代において、癒しを求める人は多く、アロマセラピストが活躍できる場は広がっています。主な就職先はエステティックサロンやマッサージ店が中心ですが、産婦人科やフィットネスクラブ、スパやホテルなどで募集されている場合もあります。 アロマテラピーに関する資格は数多くありますが、アロマセラピストとして働く上で必須の資格はありません。ただし、日本アロマ環境協会が認定する「アロマセラピスト資格」を取得していることが採用の条件となっているサロンは多くあります。さらに、認定校のコースを修了することによって得られる「英国IFPA認定アロマセラピスト資格」は、国際ライセンスとして知られるワンランク上の資格です。これらの資格を取得しておくと、癒しと美容のプロとして活躍の場がさらに広がるでしょう。

アロマセラピストに求められる人物像

アロマセラピストの仕事は、基本的にお客様との触れ合いが中心です。リラクゼーションを通して、お客様を心身ともに癒すために、コミュニケーションが得意であることは必須条件です。お客様との会話を楽しめる人、お客様の悩みに親身に向き合える人、ゆったりとした時間を提供できる人など、お客様の状況に合わせて臨機応変に対応できる人が向いています。 また、お客様のお話を聞き、そのなかから問題点や改善策を探っていくため、適切な判断力や観察眼も求められます。これらの資質を備えていれば、アロマセラピストとして活躍できる可能性は高まります。

「アロマセラピストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧