フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性塾講師の仕事内容

塾講師の仕事内容

生徒の目標を応援する「塾講師」の仕事内容となりかたは?

塾講師の仕事内容

塾講師の仕事は、中学・高校・大学といった教育機関の学習対策です。主に各校の受験対策が中心で、それぞれの生徒の学力や目標とする学校に応じた勉強プランを計画、サポートします。 具体的な仕事内容は、授業プランの立案や問題の作成・添削、授業の実施などです。専門科目別指導か総合指導かによって取り扱う内容や範囲が異なりますが、基本的な業務は変わりません。また、教壇に立っている時間以外にも、授業の準備などの周辺業務も多くあります。ほかの講師と情報を交換し合ったり、生徒の進路指導を行ったり、ときには悩み事の相談に乗ることもあります。授業とは直接関係のないコミュニケーションも、生徒のモチベーション管理や信頼関係の構築において、大切なことです。

塾講師の求人特徴

少子化に伴って子供の数は減少していますが、その分、一人当たりの子供にかける教育費は上がっています。そのため、塾に通う生徒数は依然として多く、塾講師には安定したニーズがあるといえるでしょう。 塾講師になるには、特定の資格は必要ありません。多くの学習塾では採用試験として、面接と筆記試験を実施しており、合格すると塾講師になることができます。ただ、採用条件として4年制大学の卒業を挙げている塾が多いのも事実です。教員免許や英語検定を持っていると採用時に優遇されるケースがあります。

塾講師に求められる人物像

塾講師には、知識や知性はもちろんですが、それ以上に指導力が求められます。生徒にわかりやすく教えることができる、生徒の能力を引き出すことができるような人物が向いています。生徒と円滑にコミュニケーションが取れる対人力や、生徒が分からない問題を根気よく、丁寧に教えられる忍耐強さも重要でしょう。 さらに、「受験合格」という目標に向かうなかで、生徒が途中で挫折しないように親身に寄り添う包容力も大切です。つまり、モチベーターとしての手腕が問われます。問題点を見抜き、改善案を提案できる冷静さや優れた観察眼もあれば、塾講師として活躍することができるでしょう。

「塾講師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧