フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性日本語教師の仕事内容

日本語教師の仕事内容

グローバル化で注目度上昇の「日本語教師」の仕事内容と目指し方は?

日本語教師の仕事内容

日本語教師の仕事は、外国人を対象に、日本語の読み書きや会話を教えることです。英語などの外国語でレッスンをする方法と、日本語でレッスンをする方法がありますが、後者の方が一般的です。 具体的な仕事内容としては、教える項目や方法を決めてカリキュラムを作成、テキストを選定して、生徒を相手にレッスンをすることです。生徒と一口に言っても、各々国籍や文化、年齢、職業などが全く異なる場合が多いため、それぞれの目的や学習意欲、スキルなどに合わせて最適な学習プランを提案・実践することが必要です。 勤務先は、国内の日本語学校と、海外の日本語学校の大きく二種類に分けられます。国内か海外かによって、日本語教師の役割も少々異なります。 国内の場合は、単に日本語を教えるだけでなく、進路指導や試験対策、定期的なレクリエーション企画などを行います。また、日本に慣れていない生徒の相談に乗ったり、生活について指導したりと、ケアを担当することもあります。 海外の場合は、教える内容にビジネス日本語が多くなることが特徴です。また、日本の文化や歴史について教える機会も増えます。特に近年では、漫画などのサブカルチャーに対する需要も高まっているようです。

日本語教師の求人特徴

日本語教師の仕事内容

グローバル化が進んでいる昨今、日本語教師の需要は急増しています。日本への留学生や、海外の人材を確保する日本企業が増加しているなか、注目度が高まっている職業だといえるでしょう。日本語教師の求人募集では、求人の年齢制限がない場合も多い、非常勤で働く人が多い、といった特徴があります。日本語教師の派遣を専門にした人材派遣会社も立ちあがってきており、経験を十分に積めば、専任講師などにキャリアアップすることも可能です。 主な就職先は、国内ならば民間の日本語学校や各種教育機関です。そのほかには、企業や医療の現場に赴いて、ビジネス用語や専門用語を教えるフリーランスも増えています。海外では、公的機関や各種教育機関などが主な就職先になります。 日本語教師になるために必須の国家資格はありませんが、国内外問わず採用条件を定めているところが多く見られます。「大学の日本語専攻・副専攻の修了者」「日本語教育能力検定合格者」「日本語教師養成講座のコース修了者」などがその条件に当たるため、応募前に確認してみましょう。

日本語教師に求められる人物像

日本語教師は、「教師」という立場上、発する日本語の美しさや丁寧さに加え、生徒に理解してもらえるようにきちんと教えることができるかどうかがカギとなります。そのために、面倒見のよさや人当たりのよさ、コミュニケーション能力が重要な適性となります。 また、幅広い国籍や価値観・文化を持った人々と接するため、どんな予想外の状況にも対応できる柔軟性や機転の良さ、そして個性豊かな生徒たちをまとめあげる統率力、生徒が理解できるまで粘り強く教える根気・忍耐力も必要です。 さらに、国内外のさまざまなことを知っている方が、生徒たちとのコミュニケーションがスムーズになります。英語などの外国語力は求人によっては必須ではありませんが、身に付けておくと、周囲と円滑にコミュニケーションを取る上で役に立つでしょう。

「日本語教師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧