フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性大工の仕事内容

大工の仕事内容

「大工」の仕事内容と目指し方は?

大工の仕事内容

大工の仕事は、木造建築物をはじめとする建物の建設や修理です。建築士が作成した設計図をもとに、ノコギリやカンナなどの専用道具を使って実際の施工を行います。 主な業務となるのは建築現場での作業です。複数人でチームを組み、木材を使って建物の骨組みや、壁・床・天井・屋根などの下地を作ります。現場監督や建築士と異なり現場に常駐しているため、実質的な責任者も大工の中から選出されるのが一般的です。技術が必要とされる職種であり、経験やスキルによって任される仕事も変わります。和室造作などの難しいとされる作業は、棟梁などのベテランが一人で担当する場合もあるでしょう。 また、現場だけでなく会社の作業場でも、木材の加工や道具・工具の手入れ、作業計画の打ち合わせなど周辺業務も行います。さらに、近年ではITの発達により、パソコンを使用した作業も増えてきています。大工自ら製図ソフトを用いて図面を作成したり、スケジュール管理を行ったりすることもあります。

大工の求人特徴

大工の仕事内容

大工は、生活の基本である衣食住の「住」に大きく関連する職業です。そのため常に一定の需要があり、求人情報も豊富に揃っている傾向にあります。求人サイトや、求人雑誌などで見つけることができるでしょう。 就職先の多くは、ハウスメーカーや、個人から住宅建築を請け負う建築会社や工務店です。また、いわゆる「親方」と呼ばれる個人の大工に弟子入りするケースもあります。力仕事が主となるため、特に若手にはチャンスがあるといえるでしょう。 大工として働くには、特に資格が必須というわけではありません。しかし「建築大工技能士」「建築施工管理技士」という技能を示す国家資格が存在しており、これらを取得しておくと就職時のアピールポイントになります。近年は、資格取得を求める企業が増えてきているので、応募前によくチェックするようにしてください。

大工に求められる人物像

大工として働くならば、何と言っても体力は必須条件です。基本的に力仕事であり、重い機材を運んだり、木材を担いだりすることが多いため、体力や腕力、忍耐力は欠かせません。高所での作業ではある程度の身軽さや運動神経、施工などの細かい作業では、手先の器用さや細かい部分にこだわる職人気質も求められます。 また、お客様の一生の住まいとなる住居を建てる仕事であるため、責任は重大です。ときにはこだわりがあるがゆえ難しい施工を求められることもありますが、「必ず形にしてみせる」という気概を持って取り組める人に向いている職業だといえるでしょう。

「大工の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧